2010年05月31日

揚げ過ぎ症候群

昨日は、本気で揚げた。
皆さん、カツサンドがお好きな模様です。
休日の昼にはよく合うのでしょう。
結局、完売はしないかもと思っていた豚カツも閉店の間際に完売した。
お店的にはちょうど無くなったという感じでした。
35食完売は今までで最高記録かもしれない。
仮に1つ作るのに10分掛かると考えても1時間に6枚。
えっ?6時間作ってたの(そればかりが仕事ではないが)。
12時オープン22時閉店なので営業時間は10時間。
まあどうでもいいけど、よく働いた。
しかもカツサンド亡き後は、何故か前日に残ったのを冷蔵保存していたスープを使い素ラーメンも出した。
これまた12食中11食出た。
最後の1つは私が食べてフィニッシュ。
昨日は、最高に良い終わり方でした。
ホント、良く働いた。
疲れて栄養切れで辻堂まで帰れないブー。

ということで、石川町のグリーンにリベンジ。
折角のグリルのお店なのに、生牡蠣しか食べない(実際は甘エビの何とかも食べたが)というのも、イケナイコト。
たまたま居合わせたお客さんを強制連行。
で、お肉の盛り盛り盛り合わせを頼んでみた。
油断してたらすごいのが来た。
豚、鶏、ラム、ちょっと変わったソーセージなど。
ボリューム満点な感じに大興奮な私。
食べるでしかし。
旨いでしかし。
あんな料理を当店でも出来たらいいのにな〜。
そして、特大白はまぐり焼きとかいうのも食べてみた。
これまた旨し。
ビールは、ハートランドで攻め込んだ。
結局は5杯飲んだのか。
というのも終電の時間で終了したから。
美味しかったので10杯飲めたな!
酔った勢いで、ハマグリと追加とさらに高級食材のフォアグラ焼きなるものを注文。
串焼きと書いていたのでどんなものが来るのかと思っていたら、串焼きが来た(当たり前か?)。
これがまた凄い代物でした。
ガチョウの肝臓を鉄の串に刺して、そのまま豪快に焼いたもの(たぶん)。
超旨かった。
反則だ!ビールが進むではありませんか。
時間さえ許せば、テツヤ君はワインなどを飲みそうな勢いでした。
田舎に住むと、こういう勢いに乗り出した時に辛い。
まあそれくらいがちょうどいいのかもしれませんね。
と言う事で、終電に追われて泣く泣く退散。
とても満足出来た。
良いお店だに(ガッツリ肉のお店を探してた私的に)。
また時間があれば行きたいと思う。
気になっているメニューもありありです。
昨日は生牡蠣が完売だったというのがちと残念。
12個食べる予定が・・・・・。

いつか食べ過ぎでビョーキになりそうなテツヤ君の打ち上げでした。
無事帰宅。
無事布団にて睡眠。
恵里さんの隣に潜り込んだら、真面目な顔で「てっちゃんはあっち」と遠い端の場所を指された。
なぜか従って移動して眠りについた夜でした。

今日は清清しい目覚め。
いい休日になりますように!

話が戻るけど、カツサンドはまたやろうと思う。
ホント皆さん喜んでくれてる気がする。
それなりに大変な仕込み&揚げて→完成の作業も楽しく思える今日この頃。
人に喜んでもらえて、しかも目の前でそれを感じ取れる仕事ってなかなか無いと思うのです。
結果的に喜んでもらえる「モノ」を作っている人も多いし、美味しい料理を作る料理人も多いけど、やはり工場であったり、厨房であったりするので、ダイレクトに感じ取れることは無いのです。
なんかいいな。
小さいお店にして良かったと思う。
不器用なので、今までずっとやってきたサイズのお店しか出来ないだけだがね。
なので、将来に規模拡大とか2号店とかはありえない。
今のサイズで究極を突き詰めたいですね(サイズなりの)。
よし、当店にもフォアグラ入荷だ!(嘘です)。
さよなら。

ビール。
昨日開栓は2樽。
「箕面」スモークポーター(新作限定初入荷)
「富士桜」ピルス

ポーター旨い。
そこまでスモーキーでも無く、絶妙な塩梅。
さすが大阪人。
飲むべし。

ピルスが最近最強に美味しい。
カツサンドセットは大成功でした。
やっぱり日本人はピルスです、はい。

無くなったのは2樽。
「ベアレン」クラシック
「ハーヴェストムーン」グレープフルーツエール
さよなら。

火曜日は2樽開栓します。
「ベアレン」アルト
「ハーヴェストムーン」春の小麦ビール(最後の最後)

アルト美味しいです。
定番こそ素晴らしいのです。
旨いから定番になるのです。

ミッキービールは工場にある樽の最後らしいです。
なんか最後って好きです。
飲みましょう!


1日(火)のビール
「箕面ビール」 スモークポーター(リアルエール)
「ベアードビール」 スルガベイインペリアルIPA(7%)
「富士桜高原麦酒」 ピルス
「志賀高原ビール」 美山ブロンド(7%)、ペールエール
「スワンレイクビール」 ゴールデンエール
「いわて蔵ビール」 IPA(リアルエール)
「ベアレン」 アルト
「ハーヴェストムーン」 春の小麦ビール(限定最終樽)
「ノースアイランド」 コリアンダーブラック
posted by クラフトビアバー at 11:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

カツサンド再び

昨日はラーメンをたくさん作った。
今回は、豚バラを煮込み、さらにモツ肉を煮込んだのでかなり濃厚になった。
アクセントにカレー粉を入れたら、さらに濃厚になってしまい超濃厚版ラーメンが完成した。
結構、好評でした。
まだスープも麺も余っているけど、とりあえずは次の限定料理に進みます。

今日はこないだの木曜日のリベンジでまたカツサンドをやります。
今回は元祖ソースとタルタルソースの2種で攻めてみる。
さすがにボリュームもあるので2枚制覇は出来ないと思うけど、お好みでどうぞ!
今回は大量に仕込んだので、すぐに完売はないでしょう。
私の予想では、今日いっぱいはあると思います。
お昼ごはんにお勧めです。

限定料理「カツサンド 700円」
揚げ揚げでがんばります。

昨日は頑張ったのでちょっと打ち上げ。
石川町にある今話題のグリーンというグリルのお店に行ってきた。
さすがに11:15くらいに到着したので時間が無かったので、さくっと飲んできた。
ネストが作るブルックリンラガーと横浜ピクシーと伊勢のブラウンをパイントで飲んだ(充分飲んでるやないか!)。
そして何故か生牡蠣を5つ食べた(食べすぎや!)。
時間の関係で今回はグリルを食べれなかったけど、メニューを見ると私好みの料理がたくさんあった。
今度は休みの日にでも行って、暴飲暴食しに行こうと思います。
お店のスタッフも感じが良く、素晴らしいお店だったと思います。
正直、自分のお店でも相当飲んでから行ったので帰りの記憶も怪しいくらいでした。
だけど、好印象が残っているということはやはり良いお店に違いない。
がっつりお肉と地ビール3種。
満足できないはずが無い。

飲みすぎのお陰で今日はやや寝坊。
昨日にお店の片付けを完璧にこなしてきたので今日はちょっと余裕。
そろそろ出勤します。


ビール。
昨日は3樽開栓。
「ベアード」スルガベイインペリアルIPA(7%)
「志賀高原」ペールエール
「ノースアイランド」コリアンダーブラック

コリアンダーがいつもより、コリアンダーでした。
これは凄い。
飲むべし。

無くなったのは3樽。
「箕面」イングリッシュビター
「ベアード」レッドローズアンバーエール
「富士桜」デュンケルヴァイツェン
さよなら。

本日開栓は2樽。
「箕面」スモークポーター(新作限定初入荷)
「富士桜」ピルス

箕面から新しいビールが届きます。
確かこんな名前だったはず。
とりあえず飲みましょう。

ピルスはカツサンド用です。
セットでどうぞ!


30日(日)のビール
「箕面ビール」 スモークポーター(リアルエール)
「ベアードビール」 スルガベイインペリアルIPA(7%)
「富士桜高原麦酒」 ピルス
「志賀高原ビール」 美山ブロンド(7%)、ペールエール
「スワンレイクビール」 ゴールデンエール
「いわて蔵ビール」 IPA(リアルエール)
「ベアレン」 クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定)
「ノースアイランド」 コリアンダーブラック
posted by クラフトビアバー at 09:31| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ダブルラーメン

昨日は豚バラまみれの金曜日でした。
何がまみれなのかはよくわからへんけど、とにかく皆さん肉が好き。
油断していたら結構無くなりました。
とは言っても、8キロの肉はそう簡単にはなくなりません。
なんていいながら昨日に半分は出たビアバーもどうかと思う。
今日はそのスープでラーメンをするのですが、途中でお肉が無くなるのも寂しいので追加の肉としてモツ肉を買ってきて煮込んでみようと思っています。
豚バラの濃厚さと、モツ肉が出すコクにより最強スープが登場する予定です。
麺も大量に買ってきます。
久しぶりのラーメンなので店主もやる気満々です。
頑張ります。

限定料理「豚バラ軟骨&モツ煮込み 300円、ラーメン 300円、肉ラーメン 500円」

豚バラがどんどん美味しくなっています
そろそろ軟骨がとろとろになってくるころです。
こればっかりは私にも止めれません。

肉ラーメンは、イタリアンドンブリのサイズにより盛り盛りで食べにくい可能性がありますが、ちゃんと収まるのでご安心を。
珍しく薬味も投入してみよう。
料理は、色彩も大切なのです。
楽しみで寝れずに寝坊する事態だけは避けたい。
そろそろ眠ろうと思う。


ビール。
昨日は3樽開栓。
「富士桜」デュンケルヴァイツェン(限定2号)
「志賀高原」美山ブロンド(7%)
「いわて蔵」IPA(リアルエール)

ヴァイツェン旨い。
色のイメージと違いすぎる。

美山ブロンドは久しぶりの入荷ですが、やっぱり凄い。
昨日の後半に開栓して、ちょっとだけパイントで味見してみたけど、空腹というのもあり超酔った。
グビグビいけるのに7%というのは反則なり。
酔う注意。

岩手IPAがニガニガに戻ってきました。
やっぱりIPAはこうでないといけません。
とても美味しいと思います。

無くなったのは3樽。
「志賀高原」IPA
「ベアレン」IPA
「ノースアイランド」スタウト
さよなら。

本日は2樽開栓します。
「志賀高原」ペールエール
「ノースアイランド」コリアンダーブラック

定番で美味しいところが揃います。
志賀ペールなどは、究極とも言える普段飲みビールです。
完璧なり。

コリアンダーは、確実に固定ファンがついています。
美味しいものの近くには自然と人が集まるものです。

本日も新樽開栓を出来る範囲でやっていこう。
苦いのが待っています。


29日(土)のビール
「箕面ビール」 イングリッシュビター(リアルエール)
「ベアードビール」 レッドローズアンバーエール
「富士桜高原麦酒」 デュンケルヴァイツェン(限定2号)
「志賀高原ビール」 美山ブロンド(7%)、ペールエール
「スワンレイクビール」 ゴールデンエール
「いわて蔵ビール」 IPA(リアルエール)
「ベアレン」 クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定)
「ノースアイランド」 コリアンダーブラック
posted by クラフトビアバー at 03:11| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

勝サンド?

昨日はカツサンドを何となくやったというのもあり、木曜日としては忙しかった。
魔の木曜日としては健闘した。
たまにはいいけど、カツサンド屋じゃなくてビール屋なんですけど・・・・・・。
次は本日の限定っぽく気まぐれでいきなり登場させようと思う。
カツサンドは仕込みも調理もそれなりに大変だけど、お客さんが喜んでくれるのでやりがいがあります。
最近は、1度トラウマになった仕込みも楽しいのです。
昔は月1回していて、いつも仕込みの時は「美味しくな〜れ!」と楽しく仕込んでいたもんです。
それがいつの日か、「もうカツサンドの日か〜」って感じになり、面倒くさくなったわけではなく、これはイカンと思い止めていたのです。
料理の美味しさは愛情9割、技術1割で考えています。
こんなこと書くと料理人に「料理なめとったらしばくぞ!」と言われそうですが、私の価値観はそんなもん。
もちろん食材も大切。
私のお店は高級食材を仕入れられない分、他で誤魔化して(言葉悪いが)いるつもりです。
ブラジルのチキンもニンニク味噌でそれなりに美味しく食べて頂いていると思うし、今回のカツサンドにしても、国産ではあるが普通の豚ロース肉の薄切りをミルフィーユ状に重ねて造形してからパン粉を付けて仕上げ、さらに自家製タルタルソースにてアクセントを付けてシンプルながら美味しく仕上げた(つもり)。
今日から出す豚バラ軟骨にしても、シンプルな味付けで煮込むのが1番美味しいという結論に達したので、それでいくつもり。
よく分からんけど、ゴチャゴチャやる技術のない私はシンプルイズベストを目指した方が勝ち目があるのです。
近々、新しく買った蒸し器にてシンプルな蒸し料理に挑戦しようと思っています。
試作の日々が続きそうです。
テーマは「ガッツリだけどヘルシー」という意味不明なもの。
どっちやねんって感じですね。

ということで、今日の限定料理は「豚バラ軟骨煮込み 300円」でスタート。
頑張って煮込みます。
前半はコリコリ感が楽しめ、後半はおそらくトロっとした軟骨に仕上がることでしょう。
時間差で味が変わるのも面白いのでは?

勢い余ってラーメンも出してしまいそうです。
ラーメン戦争は始まったばかり。
イタリアンドンブリの恐怖はこれからです。
久しぶりのラーメンなのでちょっと気合が入ります。
旅行に行っていたのもあり、何もかもが新鮮な気がします。
楽しい旅行だったけど、やっぱり私はお店にいるのが楽しい。
何なんだろう、この日々の満たされ感は?
飲みながら働ける快感?
いつか結論が出るまで、バーテンダーを続けようと思う。
さよなら。


ビール。
昨日は「箕面」イングリッシュビター(リアルエール)開栓。

最近、ほんと箕面が美味しい。
愛情仕込みをしてくれている証拠です。
飲むべしです。

無くなったのは2樽。
「富士桜」デュンケルヴァイツェン
「いわて蔵」ペールエール
さよなら。

本日は2樽開栓します。
「富士桜」デュンケルヴァイツェン(限定2号)
「いわて蔵」IPA(リアルエール)

ヴァイツェンは好評なので連続開栓にします。
素晴らしい香りです。

いわて蔵は、定番最強のIPAにしてみた。
ベアレンIPAもイングリッシュスタイルらしいので飲み比べしてみるもよし。
楽しくなりそうです。

ついでに最近の入荷モルトウイスキーも書いておこう。
オーバン ダブルマチュアド 1992
キルホーマン 3年 オータムリリース
グレンタレット 8年
グレンロセス アルバ
タリスカー 12年 シェリーカスク
スプリングバンク 2001 バッチ1
トミントュール 14年
バルブレア 1997
ポートシャーロット 7年(PC7)
マッカラン エステートオーク
ロイヤルロッホナガー 11年 1998(シグナトリー)
マッカラン 12年 1997(シグナトリー)
オールドプルトニー 7年(ジョンミルロイ)
ラフロイグ 1998/2009 10年(60%、ジョンミルロイ)
ボウモア 2000/2009(59%、ベリーブラザーズラッド)
ジャックスパイレートウイスキー(ラガヴーリン、59%、ジャンピングジャック)

はい、間違いなく買いすぎでございます。
どうしよう、こんなに買ってしまって・・・・・。
自称ビール屋なのに。


28日(金)のビール
「箕面ビール」 イングリッシュビター(リアルエール)
「ベアードビール」 レッドローズアンバーエール
「富士桜高原麦酒」 デュンケルヴァイツェン(限定2号)
「志賀高原ビール」 IPA
「スワンレイクビール」 ゴールデンエール
「いわて蔵ビール」 IPA(リアルエール)
「ベアレン」 IPA(7周年記念ビール、1樽限定)、クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定)
「ノースアイランド」 スタウト
posted by クラフトビアバー at 11:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

遊びの反動

今日はやっぱり波が無くなりました。
昨日にしつこく入っておいて良かったです。
超満足出来たので、当分は余韻に浸って生活できそう。
頑張らねばならん。

遊びすぎた後は、仕事がしたくなるもんです。
ということで、今日は何となくカツサンドでも出そうと思う。
今から、仕入れに行き、そのまま仕込みの時間になりそうです。
とりあえずは今日限定でいくので、それなりの仕込みで済みそうです。
カツサンドを出したいのか、仕込みたいだけなのかが分からないという意味不明な事態。
とりあえずは多めに仕込んで、売れ残っても冷凍で次につなげようと思います。
ということで、今日は冷凍無しの生カツサンド(何が生やねん!)。
ソースも改良したいところ。
タルタルソースにするもよし、カレー風にするもよし。
頑張ってみます。

昨日は、大雨になる予想でしたが(私の)そこまで大した雨でもなく、お店もまあ普通でした。
ただ、店主は超激暇暇営業を想定していて、早い時間から飲酒を決め込んでしまいました。
早い時間はさすがにのんびりだったので、何故か包丁2本を完璧級に砥ぎ、あまりに切れるのでキュウリを切ってみて自分で食べて、その切れ味が嬉しくなり、打ち上げビール・・・・・。
というのが17時前の出来事ということは内緒ですが。
そのままテツヤ君は飲み飲みをしてしまった。
本当にいつも反省しても次につながらない私の人生。
こんなんで大人になれるのだろうか?(年齢的にはもう大人なはずだけど)。
自分で言うのもなんだけど、テツヤ君は包丁砥ぎが上手です。
神業なのです。
大昔に散々砥がされた時のが体に染み付いているのでしょう。
刃物とお酒は私を裏切らない。
だから好きだし、やめれないんだよね〜。
買い物に行くのでさよなら。

旅行の写真がようやくアルバムに収まった。
予想以上にちゃんと撮れていて感激。
テツヤ君、やれば出来るのです。
時代の逆を行き、フィルムカメラを貫きたい。
詳しくは無いけど、カールツァイスが写す色が好き。
ロマンというよりはただの自己満足ですね。
さよなら。

ビール。
昨日開栓は3樽。
「ベアード」レッドローズアンバーエール
「スワンレイク」ゴールデンエール
「ベアレン」IPA(7周年記念ビール、1樽限定)

マル秘ビールの、ベアレンIPAが開栓された。
これも酔った勢いのお陰?
イングリッシュIPAらしいのですが、何と言うかベアレンらしいお味。
アメリカンの様な香りは当然無く、かと言っていわて蔵の様な染み渡るような苦味も無く。
バランス系IPAということになるのでしょう。
個人的には優しいペールエールのような感じで、いくらでも飲めるようなビールでした。
ベアレンがIPAを作ることなんてそうそう無いと思うので、これは無くなる前に飲みましょう。
飲むべし決定です。

ベアードのアンバーエールがいつもより明らかに苦い気がする。
これは、いいぞ!
素晴らしいの一言。
うまいでしかし。

無くなったのは2樽。
「箕面」ダブルIPA
「ノースアイランド」IPA
さよなら。

本日は「箕面」イングリッシュビター(リアルエール)開栓します。

優しい癒し系ビールです。


27日(木)のビール
「箕面ビール」 イングリッシュビター(リアルエール)
「ベアードビール」 レッドローズアンバーエール
「富士桜高原麦酒」 デュンケルヴァイツェン(限定今年版)
「志賀高原ビール」 IPA
「スワンレイクビール」 ゴールデンエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 IPA(7周年記念ビール、1樽限定)、クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定)
「ノースアイランド」 スタウト
posted by クラフトビアバー at 10:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

やばいでしかし

今日はのん気に朝からサーフィン。
天気もいいし、波もそこそこ。
最高に楽しかった。
時間も忘れて・・・・・・。
そろそろ時間かなと思い時計に目をやると、「13:45」。
いやいや、時間経つの早すぎやろ!
と突っ込んだところで時間は戻らず。
たまたま今日は自宅から一番近いポイントに入っていたので、そこからは自転車で5分。
急いでシャワーを浴びて、急いでブログ時間。
とにかくやばいのです。
なので、今日はもう出勤するのだ。

しかし、最近は(と言っても2日だが)波も良い感じで、満喫出来ている気がする。
またすぐに波の無い湘南に戻ると思うし、今あるうちに入っておこうと思います。
明日はもうサイズダウンみたいだし、今日に行ってよかった。
美咲さんと公園に行く約束をしていたけど、なぜか彩音さんのお友達の家に美咲さんだけ出掛けていったので、無かったことにしておこう。
明日は、天気悪いのかな?
お父さん、挽回せねばならぬ。
さよなら。


ビール。
昨日は2樽開栓。
「富士桜」デュンケルヴァイツェン(限定今年版)
「ハーヴェストムーン」グレープフルーツエール(限定2号)

今年版のデュンケルヴァイツェンが最高に美味しい。
やっぱり富士桜が小麦ビールで本気を出すと敵いませんな。
飲むべしです。

無くなったのは2樽。
「ベアード」パシフィックセンチュリーシトラスIPA
「スワンレイク」アンバーエール
さよなら。

本日開栓は2樽。
「ベアード」レッドローズアンバーエール
「スワンレイク」ゴールデンエール

定番中の定番の美味しいところを開栓しておきます。
いつも美味しく飲めるビールこそ私のお店に必要なのです。
いつまでも「普段使いのビール屋」でありたいです。
イベントなど一生しないでしかし。


26日(水)のビール
「箕面ビール」 ダブルIPA(リアルエール)
「ベアードビール」 レッドローズアンバーエール
「富士桜高原麦酒」 デュンケルヴァイツェン(限定今年版)
「志賀高原ビール」 IPA
「スワンレイクビール」 ゴールデンエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定)
「ノースアイランド」 IPA(7%、新バッチ)、スタウト
posted by クラフトビアバー at 14:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

3女の寝返り

最近、3女の茜里さんがよく寝返りをします。
さすがに3人目なので彩音さんの時ほどの感動もないけど、やはり感動的な瞬間なのです。
まだうつ伏せになるだけで、そこからは仰向けには戻れないけど、一生懸命ゴロゴロしています。
昨年のクリスマスイブに生まれているので、5ヶ月は経ったということになる。
早いような長かったような・・・・・・。
そんな新生児を連れてよく1週間も旅行に行ったもんだ。
何より無事で良かったということにしておこう。

昨日は波乗りの心地よい疲れ&濃厚ビールの飲酒により、循環がいいのか顔が真っ赤になった酔っ払いおじさん状態でお買い物に行ってきた。
ベビーカーを買いに行ったはいいけど、予想以上の高額さにビビり購入は延期。
家族会議を開いて、今のボロボロカーを修理するか、新品を購入するかの決断を下そうと思う。
しかし、ベビーカーってあんなに高かったっけ?
安いのもあるけど、今まで使ってきたのとあまりにギャップがありそうだった。
すぐにいるものだし、早めに決めないといけません。
お店のことみたいに6ヶ月サイクルでの決断では間に合わないぞ!

結局、昨日買ったのはなぜか蒸し器。
以前から欲しかったのですが、買うタイミングが合わずに今まできた。
ついに購入したのでした。
基本的には自宅用に買ったけど、お店でも何かに挑戦していきたいと思う。
何がいいのかな?

その後、帰宅→夕食の予定だったけど、子供があまりにお腹が空いたのいうので、軽食を与えてから帰って自宅で夕食にしようかと考えていたのに、なぜか流れで寿司屋に行く羽目になった。
なんか分からんけど、結構食べて、ビールも3本ほど飲んだ。
またしても満腹なり。
そのまま帰宅途中に薬局にて現像に出していた写真を受け取りに行き、無事帰宅。
さすがに36枚×8本は大量です。
これから見るところですが、果たしてちゃんと撮れているのでしょうか?
帰宅は8時半。
みんなで布団に行き、みんなで寝たのは9時過ぎ。
恐ろしく早い就寝の1日でした。
終わり。


ビール。
本日は2樽開栓します。
「富士桜」デュンケルヴァイツェン(限定今年版)
「ハーヴェストムーン」グレープフルーツエール(限定2号)

富士桜の限定はいつも外せません。
全部美味しいというのも凄いこと。
飲むべし。


25日(火)のビール
「箕面ビール」 ダブルIPA(リアルエール)
「ベアードビール」 パシフィックセンチュリーシトラスIPA(1樽限定、7%)
「富士桜高原麦酒」 デュンケルヴァイツェン(限定今年版)
「志賀高原ビール」 IPA
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定)
「ノースアイランド」 IPA(7%、新バッチ)、スタウト
posted by クラフトビアバー at 10:29| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

いつもの休み

今日の休みも半分が終わろうとしているけど、今のところとても良い休みなり。
昨日はお店自体はのんびりでしたが、前日に頑張ったご褒美ということで、焼肉に行って来た。
久しぶりに行く、松阪牛焼肉。
いつも深夜の1時前とかそんな時間なのもあり、大抵は人が居なくてどうも入りにくかったけど、昨日はカウンターに一人居たので漕いでいた自転車をUターンして入店。
とりあえず、ミノ、ギアラ、シマチョウ・・・・・・。
ホルモンばかりではありませんか。
せっかく銘柄牛のお店に行っているのだから、ロースとかそういう部位を食べたらいいのに私はホルモンしか食べたことがございません。
聞くとホルモンに関しては、松阪牛とは言えないらしい。
和牛は和牛だけど、単一銘柄では出回らないようなことを聞いた。
まあどうでもいいけど、あのお店のお肉は地味に美味しい。
ビールが一番絞りというのと、たれ無しの塩を付けるのみというスタイルを除けば、私の超お気に入りのお店になるはず。
テツヤ君はお洒落に(?)、「オトコの焼肉は塩焼きやぞ!」と意気込んで、どこに言っても塩に凝っていた時期があったけど、最近気づいたのは、やはりタレを付けて食べるのが好きということ。
唯一、美味しさに負けて許しているのは近所の焼肉屋の梅味のミノだけです。
どうでもいいことを書きましたが、昨日も美味しい焼肉を食べてきた。
ちなみになぜか、ミノを追加注文していた。
ビールは5杯か?
良い感じで泥酔満腹になり帰宅。
恵里さんが夜更かしミシンをしていたので、それを軽く邪魔して気絶。
今日聞いた話だと、寝巻きに着せ替えてもらい、寝室まで連行されたらしい。
珍しくデキル嫁です。
ご褒美に焼肉でも奢ってあげようと思います。
よし、今日は梅ミノに行こう。
いつか、ビョーキになりそうです。
だけど、一度きりの人生、好きなことをさせてもらいますよ!
3女が成人するまでは長生きしないといけない(短いぞ!)。

久しぶりの焼肉はとっても美味しかったです。
やっぱりたまには焼きに行かないと人生のバランスが崩れてしまう。
気をつけます。

今日は、清清しい目覚め。
何となくネットで波チェックすると・・・・。
おおぉ!波があるではないか!
急いで朝食を食べようとしたら、前日の夕食(私の)残りがあったがどうも朝から食べる気になれず、私は恵里さんの手作り料理もスルーして、パスタを作った。
トマトソースに何故か恵里さん特製(失敗作)の劇辛ラー油を入れ、ベーコンと共になぜかエビも入れて、バジルを入れすぎ、黒胡椒も入れすぎて、しかもパスタは200グラムも投入した。
朝から意味不明というか、ただのイカレポンチだ!
それを完食して、私の胃袋は破裂寸前。
こんな状態で波乗りなどいけるはずもなく・・・・・。
さっきまで寝ていたくせに、ソファーにて二度寝。
ダメ人間の休みを送りそうになったが、オトコの私は30分ほどの休息(消化タイム)により復活!
急いで着替えて、海に向かったのでした。
湘南の波は、気づけばサイズダウンしていてショックを受けることも少なくないのですが、今日もじわじわとサイズが下がってきているのが分かりました。
とりあえずは元気なうちに無茶をしておこうということになり、ちょっと大きめに波にトライするも、久しぶりの波乗りはそう簡単には遊ばせてくれません。
高い位置からの落下。
あれぇ〜という感じなのですが、下が水なのでそんなにダメージもありません。
しつこくトライしていると少しずつだけど以前の勘が戻ってきて、無事乗ることが出来た。
そこからはサイズも下がりだしたので、のんびりサーフィン。
さすがに割れにくくなってきたので、先ほど上がってきたのでした。
そして程よい肉体疲労&爽快脳ミソの私は、冷蔵庫に2本だけある超高級秘蔵ビールを飲むことにした。
実は、このビールは北の大地にて頂いてきたもの。
当店では大人の事情で入荷が出来ないであろうノースアイランドのバーレイワインです。
それを思ってか気を利かせてくれて、瓶に詰めたものを2本もお土産としてくれた。
さすがにこのような気合のビールをフェリーで飲むほどは私もアホではないのです。
昔の私でしたら、泥酔してから開栓していたと思うけど、大人になったということです。
そんな8%か9%あるビールをそろそろ2本飲み終えます。
このまま休みが終わってくれてもいいけど、今日は実は忙しいのです。
家族でお買い物に行く約束でした。
忘れていたということにして、このまま寝室で寝たいところだけど、そうもいかない悲しいお父さん。
今日はまたしても痛い出費があるのです。
こないだの北海道旅行記には書いてなかったけど、旭山動物園に行ったときに以前から故障寸前だったベビーカーがついに壊れた。
車輪が1つ取れた。
当然、そのまま使えるわけもなく旅行の後半は使用出来ず。
修理に出しても良かったけど、彩音さんが生まれた時に買い、そのまま美咲さんに引継ぎ、茜里さんにも引き継いできてかれこれ過酷な使用が5年以上も続いてきたので、寿命を迎えたのかもしれません。
買い替えのときが来たのです。
いざ買うとなると、貧乏性な私は緊張するのです。
一体いくらのを買わされるのだろうか?
旅行とか外食での出費は散財しても気にしないくせに、ちょっとした買い物で凹む私。
昔からそうですが、変だ。
そろそろ彩音さんに本物のピアノも買ってあげないといけないし。
当分は週1回の焼肉だけにしておこうと思う。
と思いながらも昨日に焼いてきた私です。
なにしてんねん!

さあ、軽く酔ってきたけどお出かけに行かないといかん。
後部座席で寝ておくとします。
さよなら。

ビール。
昨日は4樽開栓。
「志賀高原」IPA
「ベアレン」クラシック(エキスポートラガー)
「ノースアイランド」IPA(7%、新バッチ)、スタウト

北海道IPAが、目茶目茶美味しくなっていた。
驚きの成長(というのか?)でした。
凄いぞ、このビール屋は。
どんどん上にいってしまいそうだ。
いつの間にか、私のお店では扱えないくらいの究極のビールになってしまうかもしれない。
注文殺到で完売の嵐・・・・・。
それは困るけど、とにかく美味しいビールを作ることを追求している会社だと思う。
作り手の方と逢い(あえてこの漢字にしておこう)、その「ひと」にも興味を持ったけど、何より美味しいビールを作れる能力に惚れた。
それが北海道であっても、東北であっても関東、関西、四国、九州であっても情熱がある限りは、美味しいものが出来上がるということが当店にある9社のビール会社の味で証明されています。

酔った勢いでいつもダラダラと書く癖をそろそろ直さないといけません。
バーレイワイン2本は効く。
しかも運動の後の水分補給にはちょっと危険でした。
心地よい酔いを飛び越して、良い酔いになってきた。
酔った勢いで、高いピアノを買わないことを祈ります。
では、無駄な出費(失礼!)に行ってきます。
さよなら。

無くなったのは1樽。
「富士桜」ヴァイツェン
さよなら。


火曜日開栓は2樽開栓します。
「富士桜」デュンケルヴァイツェン(限定今年版)
「ハーヴェストムーン」グレープフルーツエール(限定2号)

ようやく山梨の限定が開栓されます。
私は1週間も休んでいた間に発売されていたのですが、当然開栓出来るわけもなく。
いよいよといった感じです。
飲むべしです。

それとミッキービールですが、好評につき連続開栓です。
飲みましょう!


25日(火)のビール
「箕面ビール」 ダブルIPA(リアルエール)
「ベアードビール」 パシフィックセンチュリーシトラスIPA(1樽限定、7%)
「富士桜高原麦酒」 デュンケルヴァイツェン(限定今年版)
「志賀高原ビール」 IPA
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定)
「ノースアイランド」 IPA(7%、新バッチ)、スタウト
posted by クラフトビアバー at 15:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

IPA集合

今日は久しぶりにIPA祭りを行います。
実は、たまたま在庫にIPAが重なっただけなのですが、折角なので特殊系IPAも合わせての飲み比べをしたいと思います。
今日みたいな微妙な天気の日にいいのではないでしょうか。
ということで、濃厚ダブルIPA、超フルーティーなシトラスIPA、超定番の志賀IPA、そして今回から新レシピのノースIPAの4種。
北海道IPAが新しいバッチになり、進化しているらしく作り手の方も良い仕上がりだと言っていました。
元々、美味しくてファンの多い北海道IPAなだけに、さらに期待が出来そうです。
まずこれは飲むべし決定。
というか、全部飲める強者は制覇してみてください。
きっと何か、「美味しい」のその先が見えると思う。
もしくは、ただ泥酔するだけかもしれない。

今日はそんなIPA祭りに相応しい限定料理も登場させたいところです。
昨日は親鳥グリルと並行して、明太風イカ塩辛を出してみた。
ちょっと辛くてビールが進みます。
これはこれでIPAとの相性もいいと思うのです。
でもガッツリ感が無いので、やっぱりガッツリいきたいところ。
本気出すかな?
さよなら。

昨日はとても頑張ったので、テツヤ君は打ち上げに行こうかなと思っていたのですが、恐怖の睡魔に襲われて辻堂駅までたどり着くのがやっとな感じでした。
最後の気力を振り絞り、自宅まで到着した時には、ほぼ廃人でした。
ガッツリな肉料理でも食べようと冷蔵庫を開けると、そこにあったのは・・・・・・。
変な韓国ちぢみ風インチキお好み焼き(すまぬ恵里さん)。
全くそんな気分では無かったので、寝室に行き「メシはどこやねん!」と軽く暴言を吐き、忘れたけど暴言を返り討ちに遭い、ちょっと凹んでそのまま寝た。
昨日の私の食事は、朝と閉店後に食べたよもぎ餅のみ。
こんな生活ではいい仕事が出来ません。
今日は昨日の分も摂取しないといけないので、やっぱりガッツリ焼肉にでも行かないとバランスが崩れてしまう。
人生バランスです。
北海道旅行の食べすぎによる体調不良も治ったし、魚生活ともおさらばして、また肉肉生活に戻ろう。
悟りも開こう。
ビールも飲もう。

さあ仕事に向かわなければいけません。
昨日はあんなにビール日和だったのに今日は一気に下り坂。
そんなもんです。
IPAの制覇でもしながらのんびり営業しておきます。
さよなら。

ビール。
昨日開栓は2樽。
「箕面」ダブルIPA(9%、リアルエール)
「ベアード」パシフィックセンチュリーシトラスIPA(1樽限定、7%)

最近の箕面が凄い。
うまいでしかし。
心して飲むべし。

シトラスIPAもこれまた美味しい。
フルーティーであります。
大好物だったりします。
テツヤ君に飲み干される前にどうぞ!

無くなったのは7樽。
「箕面」スタウト
「ベアード」四姉妹スプリングボック
「志賀高原」ハウスIPA、ウィートエール
「ベアレン」バヴァリアンラガー
「ハーヴェストムーン」グレープフルーツエール
「ノースアイランド」ヴァイツェン
さよなら。

本日は4樽開栓します。
「志賀高原」IPA
「ベアレン」クラシック(エキスポートラガー)
「ノースアイランド」IPA(7%、新バッチ)、スタウト

スタウトもレシピを変えたとか言っていたような気もする。
まだまだ進化するビール屋です。
その進化を見届けることが出来るのも年中入荷しているの特権。
今日のテツヤ君のテーマは、IPAの苦さの依存性の有無についてです。
頑張って研究しようと思います。

ミッキービールは、本日休肝日です。
また火曜日に何か開栓します。
すいませぬ。


23日(日)のビール
「箕面ビール」 ダブルIPA(リアルエール)
「ベアードビール」 パシフィックセンチュリーシトラスIPA(1樽限定、7%)
「富士桜高原麦酒」 ヴァイツェン
「志賀高原ビール」 IPA
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 休肝日
「ノースアイランド」 IPA(7%、新バッチ)、スタウト

今週のサービスモルトは「余市原酒5年&10年セット 500円」です。
大人気です。
なかなか並べて飲む機会って無いと思う。
だからやってみたのです。
posted by クラフトビアバー at 09:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

リハビリ終了

ようやくコンディションが戻ってきました。
時差ボケもほぼ完治。
胃もたれによる摂食障害(ほんとか?)も完治。
仕事における全てのスピードも戻りつつあり、ほぼ完全体のテツヤ君に戻りました。
これで今日の昼ビールは心配なしです。
さて、長く休んだし本気でも出すかな。
とりあえずは昨日に引き続き、親鶏を焼こうと思う。
しかし、この歯ごたえは反則級の美味しさです。
私は歯ごたえ系の砂肝とかガツとかミノとかそういうのが好物なので、全ての人に美味しいとも言えないけど、間違いなくビールのおつまみには最適。
昨日も危うく親鳥と共に店主も飲み飲みモードになりそうになったけど、後片付けの多さに怯んでやめておいた。
まあ、それが正解だったみたいで、何だかんだで終電の時間までかかりました(実は残務あり)。
ギリギリで電車に乗り、無事帰宅。
限りなく空腹だったので、限りなく暴食しておいた。
旅行の腹10分目癖がまだ抜けていません。
これは改善しておかないと体調を壊しそうです。
気をつけます。
ちなみに今晩の夕食は、でかい焼き魚が作ってあったにも関わらず、私は骨付きのチキンを大量に焼き(深夜に焼肉用の網で焼いてる私)、他にも恵里さんが作ってくれていた怪しい(失礼!)おかずの数々。
そんなに食えるか〜!と言いながら、全部食べた。
牛乳は1リットル飲んでおいた。
もう食べ飲み出来ないブー。
さよなら。

本日の限定料理「おや鶏のグリル 500円」。

美味しくてビールが進みすぎるので酔う注意です。
これと継続して何か出していきたいところです。
魚は飽きるくらい食べたし(私が)、やっぱり肉かな?
あぁ、北海道が恋しいなり。

全然関係のない話だけど、こないだの旅行中に撮ったフィルムが36枚撮りで8本半(1本の半分はまだカメラ内)もあった。
確かに嬉しくてパシャパシャ撮っていた気もします。
一昨日に出してきたので、週明けには仕上がってきます。
ちょっと楽しみであります。
ちゃんと撮れているかな〜。
このワクワク感はデジカメでは味わえませんよ(なんて言ったところでただの自己満足以外に無いが)。
1本の現像がプリント込みで750円(同時プリントは安い)。
×8で考えても、それなりな出費だ。
経費経費・・・・・。
さよなら。

ビール。
昨日はたくさんのビールが出ました。
しかもバランスよく出て、リーチの樽が重なってきたけど完売は無し。
今日はポツポツと無くなって、新しいのを開栓出来ると思う。
いろいろと最強ビールが届きつつある。
休んだ分、勢い新樽開栓だ!


22日(土)のビール
「箕面ビール」 スタウト(リアルエール)
「ベアードビール」 四姉妹スプリングボック(限定最終樽、7%)
「富士桜高原麦酒」 ヴァイツェン
「志賀高原ビール」 ハウスIPA(限定、8%)、ウィートエール(限定)
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 バヴァリアンラガー(超希少1樽限定)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルールエール(限定初入荷)
「ノースアイランド」 ヴァイツェン

今週のサービスモルトは「余市原酒5年&10年セット 500円」です。
大人気です。
なかなか並べて飲む機会って無いと思う。
だからやってみたのです。
posted by クラフトビアバー at 03:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

時差ボケ?

わたくし、人生で初めての時差ボケに陥っています。
と言っても、北海道に時差などあるわけもなく・・・・・。
ただ単に、いつもの仕事サイクルから早寝早起きサイクルに変わることが10日近く続いたせいもあり、まだ前のサイクルに完全に戻っていないだけではありますが。
まだ2日間のリハビリ営業ですが、22時を過ぎるとどうも眠たい。
夜型人間と思っていた自分の体が、実は普通のリズムの人間だと感じたことにはちょっと喜びもあります。
ただ、この仕事をする以上は仕事中にウトウトはしてられません。
なるべく早めにいつものサイクルに戻そうと思います。
どうしたら戻りやすいのかな?
ちょっとビール療法でもしてみよう!

昨日は、限定料理として最強のおつまみとも呼べるものを出してみた。
闇ルート(悪ではない!)から入手した「親鶏」を焼いてみた。
もっと違う調理方法も考えたけど、とりあえず初日なのでシンプルに焼くことに。
親鳥とは、卵を産まなくなったお婆さん鶏のこと。
身がしまっていて噛み応えが最高なのです。
地鶏のようでもあり、何というか「ザ・つまみ」なのです(私的に)。
昨日は、味付けせずに焼き、そこに調味料を添えた。
石垣島のスープ塩とかいうのが絶妙に合ったので、それをメインにさらに柚子胡椒やカレー塩や・・・・・・。
当店の調味料が役に立つときが来たのです。
今日はちょっと違う調理をしようかなと考え中。
さて、どうすべきかのう?
頑張ります。

そういえば、昨日にちょっとした値下げをしてみた。
といっても「塩豆」を500円から300円にしただけ。
以前はきゅうりとかの300円メニューが無く、下が500円だったので、豆もその500円だったのですかきゅうりとかなす漬物より所謂乾き物の豆が高いのもどうかと思い、しかも今までの量だとちょっと多いかなというのもあり、少しだけ量を減らしての値下げを決行した。
お店的にも、すぐに出せるものでもあるし、今回はいい決断したと思っています。
値下げ記念に食べてみてください。
地味にビールに良く合い、よく進みます。

ビール。
さすがに一昨日の10樽開栓なので、無くなるビールはありませんね。
何か無くなれば、新樽も開栓していきたいところです。


21日(金)のビール
「箕面ビール」 スタウト(リアルエール)
「ベアードビール」 四姉妹スプリングボック(限定最終樽、7%)
「富士桜高原麦酒」 ヴァイツェン
「志賀高原ビール」 ハウスIPA(限定、8%)、ウィートエール(限定)
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 バヴァリアンラガー(超希少1樽限定)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルールエール(限定初入荷)
「ノースアイランド」 ヴァイツェン

今週のサービスモルトは「余市原酒5年&10年セット 500円」です。
余りに美味しいので、ちょっと大きいボトルで買って来ました。
ワンコインではありますが、しっかり売っちゃいます。
posted by クラフトビアバー at 11:33| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

リハビリ中

昨日は久しぶりの仕事というのもあり、まだまだ本調子というには程遠い仕事ぶりでした。
自分で感じとれるくらいなのでお客さんにははっきりと動きの悪さが映っていたことでしょう。
これではいけないので、集中して以前の状態に早く戻し、さらに研修旅行の成果としてパワーアップを図らないといけません。
今日辺りが正念場です。
頑張ります。

今日は時間に余裕があれば、ちょっとした料理を仕込む予定です。
ちょっと頑張ってみます。
もし完成すれば、「ザ・オツマミ」になるでしょう。
出来るかな?

昨日は長く休んでいたというのもあり、たくさんのお客さんが来店されて、お店が見捨てられずに愛されていて正直ホッとしました。
1週間以上も休むという、普段使いのビール屋としてはやるべきではないことをしたわけですが、個人的な意見としてはリフレッシュというかお店のリニューアルオープンくらいの気持ちになれて、新しいこととかにも挑戦出来そうだし、さらに上質なサービスも出来そうな気がしています。
一人でやっているので、全ては私次第です。
気を抜けば、そのままお店の質が低下するだけだろうし、その逆も然り。
久しぶりにバーテンダーをして、そんなことを思ったのでした。
旅行中は当然、サービスを受ける側にずっといたのですが、いろいろと考えさせられることもあった。
やっぱり「楽しんで欲しいという気持ち」以上に他人の心に訴えかけることの出来るものはないということ。
立派な内装の飲食店、ホテルにしてもソフトの部分が伴っていないと、宝の持ち腐れ。
それも人それぞれの感じ方なので、どこが1番とも言えないところがサービス業の面白いところでもあり、難しいところ。
金額的な部分は関係ないにしても、旅行中に行った積丹の漁師宿などは、10パイントで感動的満足したけど、その5倍以上した能登半島の宿などは私の中では中の下。
場違いなところに変なボウズが来たぞ、という気持ちが顔に出た時点で(そんなことを見ている人もそう居ないだろうが)、サービスマン失格。
少なくとも最後には同じ金額を払うのだから・・・・・・。
何十年も日本一になっていようが、私にとっては田舎の普通の旅館。
二度と行かんがね。

何を書きたいか忘れたので、おわり。
さよなら。

昨日、またしてもウイスキーが10本ほど届いた。
増えすぎでやばいです。
今のままだと置ききれないことが判明したので、今日は少しだけ並び替えをしにいかなくてはいけません。
一体、どこまで増えるのでしょうか?
私にも分からないというのが怖いところです。

ビール。
昨日の新樽開栓は10樽。
全てフレッシュなビールをいうのも気持ちのいいもんです。
さすがに今日とかに無くなるものは無いと思うので、気になるビールがあれば飲んでみてください。

ちなみの難しい名前のラガーが独特な味で美味しかった。
大昔のビールの味の再現らしい。
そんなことが出来るのもすごいこと。
飲むべしです。

個人的には、グレープフルーツエールも気に入った。
いつも上手にフルーツビールを作るところが、さすがはミッキー。
夢があるのです(?)。


20日(木)のビール
「箕面ビール」 スタウト(リアルエール)
「ベアードビール」 四姉妹スプリングボック(限定最終樽、7%)
「富士桜高原麦酒」 ヴァイツェン
「志賀高原ビール」 ハウスIPA(限定、8%)、ウィートエール(限定)
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 バヴァリアンラガー(超希少1樽限定)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルールエール(限定初入荷)
「ノースアイランド」 ヴァイツェン

今週のサービスモルトは「余市原酒5年&10年セット 500円」です。
余りに美味しいので、ちょっと大きいボトルで買って来ました。
ワンコインではありますが、しっかり売っちゃいます。
posted by クラフトビアバー at 10:45| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

超長期休暇終了

昨日に無事長期にわたる北海道出張から帰って来ました。
とっても楽しかったけど、地味に疲れた(胃袋も)。
まさかの復路のフェリーの運休日があり1日延長になったりもしてやや焦ったけど、しっかり楽しんできました。
今後5年10年はこんなに休むこともないと思う。
なので開き直って美味しいものも食べてきた。
我慢をすることを止めて、好きなことをしてきた。
やり過ぎで恵里さんが不機嫌になった瞬間もあったけど、それも乗り越えて良い旅行になったかと思います。
これで今日からの営業再開も頑張れそうです。

私の旅行日記代わりにちょっと書いておこう。

10日(月)の1日目旅立ちの日。
北海道に行くのは決定していたけど、内容は未定。
2つだけ決まっていたことは、フェリーで行くということと、ビール屋に挨拶に行くということだけ。
夕方出発のフェリーだったので、昼間はお店の雑務をこなして、そのまま出発。
茨城の大洗港までは2時間半くらいで着いた。
ちょっと早くついたので、乗船手続きだけ済ましてから近くの道の駅らしいところで散策。
ちょっとした海産物のおつまみを買い、怪しい空気の入った巨大なフワフワの中に入って飛び跳ねる、あのたまにショボイ遊園地とかにあるやつ(分からんか?)に子供と共に入り、飛び跳ねて汗だくになり、良い時間になったので乗船に向かい、そのまま船内に入り込んだ。
車で乗るのは久しぶり。
今回は初めての和室の個室。
ちょっとした民宿の部屋みたいでなかなか良い。
とりあえず夕食に行きました。
バイキングではありましたが、さすが北海道行きは違います。
刺身盛りがあるではないか。
イカがあれば私は充分。
娘には甘エビをたくさんあげた。
しかも生ビールがサッポロクラシックというのには脱帽。
嬉しくなり興奮状態の私は初日から飛ばして、そこそこデカイカップで5杯飲み、イカを食べすぎて、満腹泥酔。
もう飲めないし食べれないブー。
極限まで追い詰める理由など無いのに、私はいつもそう。
部屋に帰り、まったり時間。
最近の個室にはDVD付きのテレビがあるのですね。
事前に調べていたので、自宅からトトロとラピュタとポニョを持ってきていたのでした。
何故か私が好きなラピュタを選んで再生。
胃袋にやや余裕の出来た私は、缶のクラシックで飲酒再開。
お風呂に行く気力も無くし、その日はそのまま子供を寝かすことになりました。
全てを恵里さんに押し付けて私は脱走。
ソファールームにて優雅なクラシックタイム。
何本飲んだのだろうか?
気づけば朝方で、ソファーにて気絶しておりました。
喉がカラカラで目覚めたけど、残していたビールを飲む気にはなれず。
ポカリスエットなどを買って飲んでいる私(なにしてんねん!)。
部屋に戻り、ちゃんとした睡眠につきました。

2日目。
清清しい目覚め。
朝食の時間だったので、そのままレストランに向かった。
朝のバイキングもそこそこ良い感じでした。
さすがに到着後に運転があるのでクラシックは止めておいた。
またしても満腹食べれないブー状態に陥り、部屋に戻り休憩。
落ち着いた頃にお風呂に行きました。
海の見える(というか海しか見えない)大浴場です。
子供も喜んでいました。
茜里さんが小さいので、私は上の2人を連れて行かないといけません。
それなりに大変だけど、恵里さんはいつも3人を入れているのです。
気持ちよい入浴を終え、キッズルームにて遊び、部屋でDVDを見つつ、ダラダラしていたらもう昼。
到着は13時半。
19時間の長い船旅も終わりが近づくと寂しいもんです。
最後の船内散策に出掛けて、下船の準備と今後の予定を家族会議。
とりあえずは札幌に行こうと言う事で決まり。
そうこうしていたら苫小牧港に着いてた。
優雅な船旅も前半戦は終了(嫌でも帰りがあります)。

久しぶりに揺れの無い地上に降り立ったけど、まだ揺れている適応能力の低い私の体。
その揺れている体で札幌まで運転。
思っていたよりも近く、すぐに到着。
折角だしということになり、中心部にある市場に行ってみた。
やっぱり寿司食べないとねと寿司屋に向かうも15時とかの中途半端な時間というのもあり、中閉めしているお店も多く・・・・・。
こういうときはお土産屋とかの人に聞くのが一番。
そこで市場内のカウンター3席のシブいお店の紹介を受け、直行。
さすがにネタが新鮮。
調子に乗って私は特上なんて頼んでしまった。
旨いでしかし。
このお店の面白いところはネタが無くなりそうになると、近くの海産物屋からすぐに仕入れるところ。
目の前の魚屋にホタテを2枚くれなどと言っているから何のことだろうと思っていたら私たちの寿司ネタだった。
ウニにも感激、イカも旨い。
一番の感動はボタンエビかな?
鮮度の良さには敵わないということです。
なぜかクラシックを2杯も飲み、イカとかエビとか追加していて軽く食べるはずがそこそこしっかりと昼ごはんを食べた。
その後は素泊まりだけということで、普通のビジネスホテルを予約していたのでそこに向かおうとしたけど、驚いたことに私のいる新二条市場の道路向かいにあった。
これは助かる。
さらにびっくりしたのは夜に行くつもりでいたビール屋のバーも目の前にあった。
何と言う偶然。
やはり私は運が良い人間なのかもしれない。
チェックインだけ済まして、ちょっと札幌観光。
テレビ塔に行き、時計台にも行って終了。
しかしこの日は激しい寒さでした。
私たちは超厚着しても震えていたのに、地元の人はみんな薄着で余裕そうに歩いているではありませんか。
恵里さんとその不思議な光景にちょっとびっくり。
寒くないのか?
これが慣れというものなのか?
辺りも暗くなり良い時間&超寒いというのもあり、ノースアイランドのビアバーに行きました。
落ち着きのある店内でした。
軽く挨拶をして、料理を大量注文。
ビールはピルスナーから。
やはり旨い。
驚いたのはどの料理も素晴らしく美味しかった(驚くというのも失礼だが)。
ヴァイツェンも飲んで、コリアンダーブラック、ブラウンエール、IPA。
寿司屋のビールも蓄積されていたからか、この辺りで良い酔い。
というよりは料理を食べ過ぎて、超満腹状態でした。
大満足にて退店。
とっても良いお店で、恵里さんの反応も良かった。
自分たちで仕込んだ自慢の地ビールと、それに合う美味しい料理を提供しているお店はある意味で究極と言えます。
テツヤ君、刺激を受けました。
札幌出張に行く人はここで夜を過ごすと幸せです。

宿に戻り、またしてもお風呂はパスしてみんなで寝た。
お風呂は実は朝が気持ち良いのさ!

3日目。
清清しい目覚め。
だけど、やや胃もたれ感あり。
食べ過ぎたか?
この日は朝から寿司のつもりで朝食は無しにしておいたけど、そんな気にもなれずに軽くコンビニにて軽食を買い、そのまま小樽に向かった。
観光もするのですよ!
これまた札幌から近かった。
所謂、観光のコースを歩いてみた。
風情のある美しい街です。
小雨降る中、平日にも関わらずそれなりに人がいた。
いろいろとお店に入ったけど、結局はオルゴールを娘に買ってあげた。
良い思い出になればいいが・・・・・。

今晩の宿に入るまでにまだ時間があったので、私の希望で赤レンガ倉庫にある小樽ビールのレストランに行った。
折角だし、と軽くの予定が大きいサイズで4種類も飲んでいた。
料理も美味しかった。
季節もののヘレスと定番のピルスナー、ヴァイツェン、デュンケル。
ヘレスが超旨い。
油断していたけど、とても美味しいビール屋でした。
ピルスナーが個人的には甘すぎて好みでは無かったけど、ヴァイツェンも美味しくて、全体的に美味しいという印象。
ここでも夕食の時間までそんなにもないというのに、それなりに料理を注文。
いちいち美味しかった。
満足にて退店。

その日の宿泊は雑誌か何かで評判の良さそうだった「運河の宿 小樽 ふる川」にしてみた。
とても良い雰囲気の宿でした。
サービスも心地よく、なるほど人気があるのもわかる。
貸切の家族風呂が空いていたので、さっそく入ってみた。
とても広い内風呂の温泉と、本物のウイスキー樽をそのまま湯船にしたという露天風呂があった。
子供たちもウイスキー樽風呂に大満足。
こういう些細なことが嬉しいのかもしれません。
私も満足な湯に浸かり、疲れも取れていざ夕食。
結構豪華な食事でした。
やはり海の幸はどれも美味しいですね。
ここでも軽くビールを飲みすぎて、泥酔間近。
夜のお散歩に行く気力も無く撃沈。

4日目。
今日も清清しい目覚め。
昨日よりも胃もたれ気味。
胃袋さんが休息を求めていますが、意地悪な私はあげません。
朝からちょっと贅沢な朝食を食べ、いざ出発。
しかし、感じの良い宿でした。
どこに行こうかということになり、私の希望で余市のウイスキー蒸留所に行くことに。
これまたすぐに着いた。
初めて訪れるニッカの余市工場。
ある意味、日本におけるウイスキーの聖地です。
ガイド付きの見学コースをお願いして、勉強しながら見て周り、最後はやっぱり試飲の時間。
モルトを2種とリンゴのお酒を1つ飲んで気分の良いほろ酔いになった。
やっぱり私はニッカ派なのかもしれない、とても美味しかった。
その後は、売店にてちょっとお買い物。
嬉しくなって工場限定の原酒を2本も買ってしまった。
満足した一行は、本日の宿に向けて出発。
残念ながら法律の関係で私は運転が出来ないので、仕方なく恵里さんにバトンタッチです。
すぐに寝る私。
普通怒るよな?
その日の宿は積丹(しゃこたんと読むと知った)。
ウニの有名なところなのかな?
折角なのでということで、漁師宿の「御宿・海鮮味処 新生」というところにしてみた。
ちょっとリッチに一番高いプランにしてみたけど、それでも10パイントほど。
ちょっと到着が遅くなったのもあり、チェックインしてちょっとだけ部屋でのんびりしていたら、夕食の時間でした。
ここは居酒屋もやっているらしく、そこの個室での食事でした。
良いプランにしたのもあり料理にも期待していたのですが、その想像を遥かに上回る豪華なものでした。
2人前のはずですが、舟盛りがパッと見では間違いなく食べきれない量あった。
それ以外にも大量・・・・・・・。
料理は絶対残さない主義の私と恵里さん。
気合を入れて食べていたけど、案外食べれるものです。
なんか分からんけど白身の刺身が美味しかった。
それに、やはりウニも美味しい。
あわびのダシ浸しみたいな新しい料理も素晴らしかった。
カサゴの丸から揚げは大きい骨以外は跡形も無く食べた。
またしてもビールを飲みすぎました。
久しぶりに(初めてかも)、魚介類とビールだけで破裂しそうなくらい満腹になった。
もう動けないブー。
温泉に入り、満足してそのまま布団にて気絶。
しかし旅行中は就寝時間が早いです。
満腹で動けなくなって、さらに田舎なのですることが無い状況での早寝なのでいいのかわるいのか分からんが。
今日も1日満足でした。

5日目。
清清しい目覚め。
久しぶりに晴れた。
前日までは小雨&曇りだっただけに、それだけでテンションが上がります。
胃袋は昨日も休めず。
やや悲鳴をあげだした。
そんな日の朝食は、またまた豪華だったりするのです。
世の中そんなもん。
朝からしっかり刺身というのも漁師宿らしい。
イカの美味しさに痺れて朝ビールをしそうになったけど、運転もあるし断念。
今日はちょっとした移動もあるので、早めに出発することに。
素晴らしい宿に感謝の気持ちを伝えて、積丹を後にしたのでした。
折角なので積丹岬まで足を伸ばしたかったけど、岬方面まで時間が掛かりそうだったし、さらに徒歩でそれなりにかかるらしかったので、残念だったけど中止。
そのままロングドライブ開始。
今日は富良野に行くのです。
今はラベンダー畑の時期ではないけど、北海道に来たんだし外せません。
よく分からんけど、途中までは高速道路に乗り、その後は山道。
山を降りると富良野に到着。
確かに畑しか視界に入らないところも結構あった。
泊まる宿は南富良野のかなやま湖にある「ログホテル ラーチ」というところ。
ログハウスのコテージに泊まっちゃったりするのです。
富良野から南富良野までの道が感動的な1本道。
地平線が見えるというのはこういうことなのかもしれません。
そこでご機嫌になってしまった私は、ご機嫌でスイスイ走るのです。
地元に人はみんなのんびり運転。
急いだっていいことないよね〜。
と後で思い知るのでした。
調子乗って走っていると、視界に赤灯を付けた車が止まっているのが見えた。
緊急超減速を試みた(私の中でのスリップしない限界)。
そして徐行状態にて恐る恐る通り過ぎるが・・・・・・・。
やっぱり付いてきますね。
止まれと言っていますね。
ヤラレマシタ。
一体、どこにスピードを計っていた人がいたのだ?
常にキョロキョロ見ていたつもりでしたが・・・・・・。
まあ過ぎたことは仕方ない。
パトカーに連れていかれて、違反の内容を聞いた。
正直、大変なオーバーをしたと思い最悪の事態も想定していましたが、なんと68キロの計測で50キロ規制道路だったので18キロオーバーの1点減点の12パイント罰金で済んだ。
聞くと、パトカーの赤灯の中(下?)に速度測定レーダーが入っているらしい。
初めて知りました。
違反は違反なので仕方ないけど、あんな先の見えない1本道を50キロで走れというのもちょっと酷だな。
正直、赤灯の車が視界に入るまでは100キロ超えていたと思うので、そのまま突入していたと思うと今でもゾッとします。
ちょっとした罰だけで済んで、いい北海道くるま事情勉強になりました。
その後の湖までの道のりは、さすがに低速運転しました。
ログハウスの立ち並ぶ湖畔に到着。
なんて素晴らしい景色なんだ?
3時半とかの中途半端な時間だったので、湖畔にある公園で遊んだ。
子供達が大興奮で遊んでいた。
やっぱり公園が喜ぶみたい。
そこら中に鹿と思われるウンチが落ちていて、こんな公園のど真ん中にまで鹿が来るのかと思っていたけど、後で宿の人に聞くと、夜になるとそこら中に鹿とか野うさぎとかが散歩に来るといっていた。
それだけ自然の中にいるということです。
チェックインをしに行くと、そこは1流ホテルのようなゆとりのあるサービスでした。
金額的には高いわけでもないけど、今晩はフランス料理のフルコースなのです。
フルコースなんて人生で片手で数えるくらいしか食べたことがありません。
コテージまで車で移動して、ちょっとのんびり。
驚いたことにコテージというか、ただの(?)立派なログハウスでした。
当然、キッチンもあれば何畳あるのかという広いリビング、下の階には巨大な寝室。
なんでも、5人(5つベット)のログと8人のログの2タイプあるらしく、私たちのような大人2人と小さいの3人には5人用でも広すぎるくらいなのでした。
いつかこんな家に住んでみたいなと恵里さんと妄想の時間。
夕食まで少しだけ時間があったので、ちょっと森をうろつき、そのままレストランに行きました。
本館にあるそのレストランもやはり巨大なログハウスでした。
折角なのでと、シャンパーニュをフルボトルで注文。
なんか忘れたけど、とても美味しいワインでした。
料理がまたまた凝っていて、地物もたくさん使い、メインのステーキを含め感動させられた。
地味に自家製パンが美味しかったし、何より野菜が旨い(甘い)。
自然って素晴らしいと思ったのでした。
フランス料理って美味しいのですね(当たり前か?)。
そんなに行けるもんでもないけど、いつも焼肉か寿司の外食人生をやや反省。
いつかお小遣いにゆとりが出来たら、フレンチでも行くかな。
ご機嫌になったテツヤ君はまたしても過ちを犯した。
ワイン1本では飽き足らず、アルゼンチンかどっかのワインのハーフを恵里さんがトイレに行っている間に注文。
当然の如く怒られるのですが、まあ旅行だしということで何とかお許しを得た。
泥酔にて美味しい夕食も終わり。
その後はお風呂です。
残念ながらここのホテルの悲しいところは大浴場がホテル内には無いのです。
当然ログハウスの中にそれなりに広いお風呂があるのですが、足を伸ばしてプカプカは出来ません。
その代わりに、すぐ近くにある保養センターの大浴場が無料で使える券がもらえた。
折角なので、みんなで行ってきた。
温泉ではなかったけど、いいお風呂でした。
その保養センターに向かう車からは、ホテル敷地内までお散歩(食事?)に来ていた鹿がたくさん見えた。
みんな平和に生活をしているのです。
私たちが騒いで自然のサイクルを乱してはいけないのです。
子供も野生の鹿に喜んでいたみたい。
お風呂の後は、旅行中恒例の早い就寝でした。

6日目。
まだ休みなんかい!
清清しい目覚め。
森の音と森の空気で目覚めるという贅沢。
田舎の暮らしも悪くないな(大変な部分は見ていないが)。
朝食もあの立派なレストランにて、地物中心の美味しい料理。
とにかく野菜が美味しいのですよ!
その後は、将来の為にログハウス生活のイメージトレーニングをのんびりしてから、またロングドライブに出発です。
今日は子供達の旅行の本番(?)の旭川にある旭山動物園に行くのです。
南富良野からはそれなりに距離もあるので、ちょっとだけ早めに出た。
まずは湖の周りを回り、そこからは北上。
昨日の失敗もあるので、抑え目スピードで!
中富良野、上富良野と走るとどんどん景色が変わってます。
その先の美瑛というところにいくと、今まで見たことのない雄大な景色に包まれた。
たしかジャガイモの有名なところだったかと思う。
見渡す限りそれらしい畑(畑というよりは砂漠のよう)。
行った事ないけど、アメリカのトウモロコシ畑のような想像を超えた規模。
やっぱり北海道はすごい!
またまた終わりのないかのような1本道。
学習する私は、もうぶっ飛ばしたりはしないのです。
北海道リズムに合わして、のんびり運転。
そうすると早く走っていると見えないものが見えたりもします。
結構走ったなという頃にようやく、旭川に到着。
何だかんだで昼前まで掛かりました。
早速、動物園に入ります。
彩音さんも美咲さんも大興奮。
どこから見るとか、ここに行きたいとか、好き放題言っている顔がとっても幸せそう。
贅沢な食事よりも子供はこっちの方が嬉しいのです。
噂で聞いていただけあって、非常に満足出来る動物園です。
ライオンとかトラも良かったし、ペンギンさんもいいね〜。
彩音さんは何故かオオカミさんが気に入ったらしく、何度も見ています。
美咲さんがツボに入ったのは、なぜかホロホロ鳥。
先に行っていた私と彩音さんが待っても待っても来ないなと話していたら、美咲さんがホロホロ鳥のところから動かなかったと後で聞いた。
楽しかったのでしょう。
ミニ牧場にも行って、ちょっとだけ間近で触れ合って、のんびりしてたら16時半。
閉園までの時間はサル山にて最後の観察。
最後にソフトクリームを食べて終了。
5時間なんてアッと言う間の楽しい動物園でした。
いい思い出になるといいな。
たまには子供にもお土産を買ってあげようということになり、ぬいぐるみを見ていたら、彩音さんは即決でオオカミさんに決めていた。
メチャクチャ気に入っていたので、買ってあげた。
毎日、ダッコして寝るんだって・・・・・・。

動物園を後にしてからは、とりあえずは旭川駅方面に車を走らせました。
夕食はどうするかということになり、最初は乗り気じゃなかったけど、折角なのでとラーメンを食べに行くことになった。
と言っても下調べも全然していなったので、「旭川ラーメン村」ってところに行ってみた。
横浜のラーメン博物館みたいなもんか?
8軒並んでいてどこが美味しいかも分からなかったので、何となく一番老舗っぽいところにした。
お客さんが全然入ってなくてちょっと嫌な予感がしなくもなかったけど、突入。
やっぱりやられた。
旅行中で初めてのあまり美味しくない食事にやや凹みながらも、これも旅行の醍醐味さと自分に言い聞かせて退散。
どこかで泊まろうと思い、旭川駅近辺のいくつかの宿に電話を掛けるも、土曜日というのもあってかどこも満室(和室は)。
土曜日に旅行をしたことがなく、いつも平日で余裕宿泊だったので油断をしていました。
まだ時間も早いほうだったので、札幌まで戻ってしまうことにした。
で、初めに泊まった市場&ビール屋近くの宿に電話すると和室も空いてるとのこと。
助かった!
私も動物園での歩き過ぎでちょっと疲れていたけど、気合で運転した。
チェックインして、子供の着替えとかしてたらもういい時間。
さすがに娘達も疲れたのでしょう、即熟睡でした。
私は夜に抜け出して、ビール屋の並びにあった気になるホルモン屋に行って軽く焼肉食べてから、もう1度ビアバーに行くつもりでしたが、そんな体力は残ってなかったらしく、そのまま朝まで熟睡していました。
旅行中で一番疲労した日でしたが、実に楽しめました。

7日目。
本当ならこの日の夕方のフェリーで帰る予定でした。
私の調査不足で、日曜日は欠航日というのを知らなかった。
仕方なく(?)もう1泊することになったのでした。
ならばとのんびりしてみた。
ちなみに私の胃袋は大変痛んでおりました。
食べすぎ飲みすぎというのは過酷なもんだなと初めて思った。
もう30歳も過ぎたんだし、それなりに節制せねば。
少し前からお店で扱いだしたノースアイランドビールですが、旨さに痺れて入荷を決めたはいいけど、北海道という距離もあり実は作り手の方にお会いしてなかったので、もしタイミングが合えばと思い工場に電話してみたら、その醸造責任者の方が今日は工場にいるとのこと。
これは、イクシカナイ。
江別市という札幌の隣町にある工場向かいました。
隣町ではあるが、近いような遠いような微妙な距離。
30〜40分くらいだったので、やはり近いのか?
ついにお会いすることが出来ました。
いつも電話で注文とかしているので、大体は話し方や会話内容で「人」が見えるのですが、やはりじかで話すと違いますね。
とても情熱のある方でした。
定番入荷の決断をして良かったと思った。
忙しそうだったので、そんなにのんびりもしなかったけど、これで北海道に来た一番の目的も果たせました。
いろいろとビール会社立ち上げの頃からの話を聞いたけど、本当にすごいな、好きなんだなと感じた。
やっぱり、もの作りは設備とかじゃなくて(必要だけど)、情熱が大切。
情熱があれば失敗も成功につなげられるけど、情熱がないと失敗はそのまま挫折につながるとも思う。
とにかく、ノースアイランドビールに乾杯!

その後、憧れのサッポロビール園。
みなさんご存知、ジンギスカンと鮮度の良いサッポロビールが楽しめる楽園。
10年位前からずっと行きたかったのです。
ついに来れた。
嬉しくなり、写真もたくさん撮っておいた(と言っても子供メインのバックの景色として)。
いよいよ、ジンギスカンとビールの時間。
人間の限界まで食べて飲むつもりでいたけど、胃袋の不調により腹9分目で止めておいた。
ラム肉も美味しいではないか。
ビールは、クラシック、エビス、開拓使麦酒、ともう1つ忘れたけどあそこでしか飲めないやつをジョッキで飲んだ。
どれも美味しいけど、やっぱりラムにはクラシックが絶妙。
満足しました。
ご馳走様!
売店にて、サッちゃん&ポロくんの記念ジョッキを買い、芝生で軽く昼寝して終了。
またいつか行きたいです。

その後は後部座席をフラットにして私は、次の目的地まで爆睡。
恵里さんが登別温泉まで運転したらしいが、私が途切れた記憶から戻ってきたのは既に温泉街に着いてからだったので、どういうルートで来たかは不明。
よく寝た。
最後の宿は「滝乃家別館 玉乃湯」というところ。
何となく囲炉裏で焼く料理がメイン(?)のいろり会席が楽しそうだったので決めた。
立派な温泉宿という感じ。
おもてなしがとても心地よかった。
部屋も広く伸び伸びしています。
ザ・旅行という感じ(なんだ?)。
源泉100%かけ流し風呂に入り、旅行の最後の宿に浸る(フェリー泊除いて)。
良い旅行だった・・・・・・。
そして夕食の時間。
暖炉を囲むようなあまり経験したことのない食事スペース。
そこで串に刺さった川魚とかイカとかホタテとか肉を焼いた。
なんか落ち着くなと思うのは、BBQ好きだからか?
またしてもビールを飲みすぎた。
超満足にて、部屋に戻るが動く気になれない私。
結局、ゴロゴロしていたら良い時間になっていたので、そのまま恒例の早い就寝。
今日も1日お疲れ様でした。

8日目。
清清しい目覚め。
胃袋はKO負け寸前。
朝食の後にロビー横で、餅つきがあった。
なかなか面白い企画です。
彩音さんも美咲さんもおじさんに手伝ってもらいお餅をつきました。
茜里さんもおもちゃのように小さい臼と杵でついてた。
恵里さんに聞くと、ちゃんとお餅が入ってたらしい。
子供だましじゃないのです。
その後はやっぱりみんなで食べるのです。
完全満腹になった一行は、登別ならここというクマ牧場に行った。
クマさんがめちゃくちゃたくさん居た。
クッキーみたいなおやつを買って餌をあげることが出来るのですが、それに彩音さんも美咲さんもヒットしたらしく、たくさん餌を買わされた。
とっても喜んでいたので、良かった良かった。
そこそこゆっくり遊んで、名残惜しいけど登別を離れ、いざ苫小牧のフェリーターミナルへ!
最後の贅沢ということで、回転ではあるが寿司屋にて昼ごはん。
そして乗船手続きをして、のんびりして船上の人となったのでした。
夕食はやっぱりイカ刺しを椀子そばのように食べ、クラシックを飲みすぎて、今日も終わり。
自由に読める本が棚にたくさんあり、それに夢中になってしまった私は缶のクラシックと北の職人とかいうのを気づけば5、6本(350缶だが)も飲み、気絶間際に部屋に戻り、そのままちゃんと(?)布団にて気絶。
寝て起きる頃には岩手県沖かな?

で、昨日の昼2時くらいに大洗港に着き、無事湘南まで帰ってきました。
実に長く、実に満足出来た旅行でした。
先ほど、持って行った金額と残っている金額との差額(北海道旅行だけの出費)の計算していてちょっと寒気がしました。
この休暇を糧にまた良いサービスをしていこうと思います。

意味不明なくらい長くなってしまいましたが、これで旅行記は終わりです。
打ち上げと称して、いつもの焼肉屋に行ったことだけは内緒です。
やはりいつもの焼肉屋が旨い!

やばい!3時間くらい書いてた・・・・・・。
仕事に向かいます。
さよなら。

本日開栓の10樽は下のラインアップです。
なかなかいいのでは?

些細なお土産しかありませんが、お待ちしております。


19日(水)のビール
「箕面ビール」 スタウト(リアルエール)
「ベアードビール」 四姉妹スプリングボック(限定最終樽、7%)
「富士桜高原麦酒」 ヴァイツェン
「志賀高原ビール」 ハウスIPA(限定、8%)、ウィートエール(限定)
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 バヴァリアンラガー(超希少1樽限定)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルールエール(限定初入荷)
「ノースアイランド」 ヴァイツェン

今週のサービスモルトは「余市原酒5年&10年セット 500円」です。
余りに美味しいので、ちょっと大きいボトルで買って来ました。
ワンコインではありますが、しっかり売っちゃいます。
posted by クラフトビアバー at 12:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

緊急事態

突然ではありますが、旅行の帰りの交通手段の関係で再開日を1日延ばしての19日(水)に変更します。
休みすぎですいません。
ちなみにフェリーにて北の大地に来ていたのですが、帰りのフェリーを予約しようとしたら、まさかの本日は運休日でした。
そんなことすら調べてこなかった私を反省。
急遽、もう1日宿泊することに・・・・・・。
せっかくなので苫小牧(フェリー乗り場のある)の近く(北海道的近距離?)の登別にでも行こうかと思う。
明日のフェリーに乗り、無事神奈川に帰宅してまた質素な生活に戻りたいと思います。
さよなら。
posted by クラフトビアバー at 10:16| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

療養休暇ロング

昨日までの連続13日マゾ営業はお陰様で毎日が忙しく、働き甲斐がありました。
さすがに手が回らない瞬間もありましたが、やれるだけのことはやったという達成感に今浸っています。
よく頑張ったと思う。
最近は「昼ビール」を楽しみにしているお客さんも増えたように思うし、実際に真昼間から楽しそうにビールを飲んでいる方々を見ていると、ホントやっていて良かったなと思います。
いつも無謀な感じで突っ走る私ですが今回のゴールデンウィークに関しては、それなりにマイペースで出来たのではないかと思っています。
限定料理も何気にいろいろとやった気がする。
本当に毎日が楽しかった。
楽しく仕事をさせてもらって、ちゃんとお給料を頂いているのだから、来店されているお客さんに最大限の感謝をしないといけません。
まだまだ私にもやれることはあるはずです。
満足などしていてはいけません。
超バーテンダーにならなければならん。
頑張ります。

ということで、私の連休に入ります。
今回はお店の3周年(2月でしたが)のご褒美も兼ねて1週間休むことに決めました。
仕事人間の私としては、悩んだ挙句の決断です。
リニューアルオープン(リフレッシュオープン?)は来週18日(火)の予定。
さすがに実感は無いけど疲労しているはずなので、ちょっと療養しようと思う。
毎日朝早くから出勤していて、子供とも全然遊べてなかったので、その分しっかり遊んであげたい。
恵里さんにもいろいろと任せっきりだったので、休ませてあげたい。
私も休みたいけど、毎日ゴロゴロしているわけにもいかなさそうです。
何か美味しいものでも食べに行こう。
あれだけ頑張ったんだし、豪遊してもバチは当たらないだろう(?)。
食べて飲むでしかし。

昨日はカツサンドラッシュなのか激しく忙しかったです。
1年半ぶりの復活というのもあってか、お客さんが集中してしまいました。
ご迷惑おかけした方、すいません。
これからも気が向いたときにボチボチやろうと思います。
ちなみに昨日は夕方前くらいに完売してしまいました。
やはり30食ほどでは間に合わなかったか。
カツサンドの威力を侮っていました。
次にやるときはさらに気合をいれなくては。
モモ肉からロース肉にグレードアップしたカツも好評で、奮発した甲斐がありました。
次回はあっさりのモモ肉でリベンジです。

昨日はビールも恐ろしいペースで出た。
お店が連休に入るのでなるべくビールを残したくなかったのですが、そうは言っても早々に完売してもビール屋として売るものが無くなるし、バランスが難しかったです。
で、人のいい(自分で言うな!)私はいつもの勢いで、ついつい新樽を2つも開栓してしまいました。
志賀DPAとベアードのスルガベイIPA。
最悪DPAは中途半端に残ったら私が飲んでやるつもりで、スルガベイは強いビールなので休み明けまで大丈夫であろうという私の中での計算でした。
正直、ギャンブルでもありました。
決断を下したのはたぶん昼に2時過ぎとかそんな時だったと思う。
オトコを見せたつもりでした。

がしかし、1樽無くなり1樽無くなり・・・・・・。
残すところDPAとスルガベイだけという事態になった。
まさか・・・・・・。
DPAが無くなるという大事件。

そしてまさかの1樽体制、しかも激しいニガニガIPAではありませんか。
逃げ道なし(良い意味でね)。
そんなニガニガIPA君も、ありえないペースで出て行き夜の9時頃に完売。
ビール屋としての機能を失ってしまったのでした。
ちょっとありえない。
少なくとも10リットルと15リットルの25リットルは丸ごと開栓したし、それ以外にも数樽たっぷり残っていたはず。
そんな大事件もあったけど、まあなんとか閉店時間までは持ちこたえました(無理やりウイスキーで)。
とにかく、全て完売。
何樽だ?
元々あった7樽と、新たに開けた2樽の9樽完売。
後半のお客さんには選択肢も少なくなってしまって迷惑を掛けましたが、これで心置きなく休暇に入れます。
昨日は閉店後にビール洗浄を完璧にこなしておきました。
お陰でいつもの終電に飛び乗ったという感じで、さすがにフラフラになりました。

よく頑張った。
誰も言ってくれないから、自分で自分を褒めてあげたいと思う。
今回のGW中はテツヤ君、ほとんどビールを飲まなかったのです。
ちょっと仕事に集中してみようかなと。
1日だけ泥酔でエライ目に遭ったけど、結局はその日だけ。
今、体がお酒を欲しているのが分かります。
だけど、我が家にはビールがゼロ。
そこで買いに出掛けたりしないので、私は依存症ではないということが証明されています。
久しぶりに焼肉にでも行こうかな。
さよなら。

18日(火)の再開の新樽10本開栓の詳細はまた後日書きます。
美味しいビールをガッツリ開栓しますので、よろしくお願いします。
それでは療養休暇の1週間に入ります。
バイバイキ〜ン。
posted by クラフトビアバー at 02:18| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

復活カツサンド

今日は、1年半ぶりにカツサンドが復活します。
実は昨日からこのカツサンドが登場しているのですが、今日の本番(?)に向けて元々決めていた数が出た時点でストップしました。
そのお陰で、今日は予定量がしっかりと残っています。
後は揚げるのみ。
今回はオーソドックスなソースにしてみた。
以前と変わったことと言えば、まず肉がモモからロースにグレードアップ、そして今回は復活祝いということで1枚の量も増量してみた。
かなりボリューミーなサンドイッチに仕上がりました
昨日に味見してみたけど、個人的には完璧な味わいです。
こないだの木曜日と金曜日を夕方から営業にしたお陰です。
とにかく今日は真剣にカツサンドを作ろうと思います。

限定料理「カツサンド 700円」

当分はする予定が無いので、タイミングが合う方はぜひ食べてみてくださ。
リンゴサイダーと合わすとビアバーということを忘れます。

昨日はカツサンド以外にも、おまけの限定料理を出してみた。
その名も「中華くらげ 300円」。
たまたま売っていて美味しそうだったので衝動買い。
結構美味しいです
本日も継続で、ぜひ!

今日は揚げ物ついでに鳥のから揚げもしたい。
一応は鶏肉を買って来ました。
頑張ってみます。

いよいよ連続営業も最終日になりました。
今年は1年前よりは楽だったかな
まだ1日残っているけど、テツヤ君は良く頑張りました。
月曜日からちょっと休んで療養します
その関係で今日はビールのラインアップがちょっと寂しいのですが、どうぞお許しください。
状況を見て、どうしても開栓の必要に迫られた時には強いビールでも開栓します。

ビール。
昨日開栓は「いわて蔵」リンゴサイダー(限定2号)

やはり美味しい。
私も飲んでおきんました

無くなったのは3樽。
「箕面」イングリッシュビター
「志賀高原」ポーター
「ノースアイランド」IPA
さよなら。

とりあえずは弱気なランナップスタートです。
すいません。


9日(日)のビール
「箕面ビール」 
「ベアードビール」 ライジングサンペールエール
「富士桜高原麦酒」 ラオホ(スモークビール)
「志賀高原ビール」 
「スワンレイクビール」 ベルジャンIPA(限定)
「いわて蔵ビール」 リンゴサイダー(限定)、ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 シュバルツ(ドイツスタイル黒)
「ハーヴェストムーン」 ベルジャンウィート
「ノースアイランド」 

今週のサービスモルトは「トマーチン12年」700円です。
とてもバランスの良いハイランドモルトです。
するする飲める系なのかもしれません。

「ゴールデンウィークの予定」
29日(木)〜5日(水)までの7日間は(3日(月)も営業)、いつも通り昼の12時より、健康的ビアバー営業をします。
限定料理もガシガシ投入するつもりです。
6日&7日は16時開始です。
8日(土)、9日(日)は普段通りの12時オープンです。
posted by クラフトビアバー at 02:30| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

リンゴサイダー日和

今日は天気も回復しそうだし、気分良く飲めるリンゴサイダーを開栓したいと思います。
前回はGW中ということもあり、瞬殺されてしまい飲むつもりで来店された方がことごとく飲めなかったので今回は地味に開栓します。
とてもいい仕上がりになっています。
遠い記憶なので定かではないが、今までで一番バランスの取れたシードルかもしれない。
アルコールは軽めなので、軽い気持ちで飲んでみてください。
ちなみにこの発泡酒は私の大好物なので、私も負けずに飲みます。
頑張ります(仕事をがんばりなさい!)。

そんなリンゴサイダーに合う限定料理を今日は出していく予定です。
今日は早起きして、気合の仕込みを決行します。
長い長い連続営業も終わりが見えてきて、疲れていると思いきや、メラメラと燃え上がってくる仕事への意欲があります。
もう怖いもんもないし、とことんいってやるのさ。
本気出します。

昨日は予定通り、昼過ぎに朝ごはんを食べて(ややこしいわ)から、ウトウトとお昼寝。
優雅な時間です。
そのままダラダラして、出勤まで時間を潰す予定でしたが、スーパーに買い物に行く約束をしていたのを思い出して、仕方なく行って来た。
美咲さんを連れての買い物が最近の私の楽しみ。
次女さん、カワイイのです。
ついついデザートなんぞを買ってしまう私。
親バカ炸裂です。
さよなら。

ビール。
昨日は3樽開栓。
「ベアード」ライジングサンペールエール
「スワンレイク」ベルジャンIPA(限定)
「ベアレン」シュバルツ(ドイツスタイル黒)

やっぱりライジングサンは美味しいのでした。
完璧ですね。
飲むべし。

無くなったのは「ノースアイランド」スパイスエール。
さよなら。

本日は「いわて蔵」リンゴサイダー(限定)開栓します。

とにかく飲むべしです。

今日は何か無くなれば新樽開栓していく予定。

最後に、いわてペールエールが激しく美味しいです。
すばらしいと思う。

8日(土)のビール
「箕面ビール」 イングリッシュビター(リアルエール)
「ベアードビール」 ライジングサンペールエール
「富士桜高原麦酒」 ラオホ(スモークビール)
「志賀高原ビール」 ポーター
「スワンレイクビール」 ベルジャンIPA(限定)
「いわて蔵ビール」 リンゴサイダー(限定)、ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 シュバルツ(ドイツスタイル黒)
「ハーヴェストムーン」 ベルジャンウィート
「ノースアイランド」 IPA(7%、苦い系)

今週のサービスモルトは「トマーチン12年」700円です。
とてもバランスの良いハイランドモルトです。
するする飲める系なのかもしれません。

「ゴールデンウィークの予定」
29日(木)〜5日(水)までの7日間は(3日(月)も営業)、いつも通り昼の12時より、健康的ビアバー営業をします。
限定料理もガシガシ投入するつもりです。
6日&7日は16時開始です。
8日(土)、9日(日)は普段通りの12時オープンです。
posted by クラフトビアバー at 02:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

いつもに戻り

昨日は夕方営業で、しかも激忙しいGWのような激しさも収まり、のんびりと飲める環境に戻りました。
お店が忙しいのは店主として嬉しいことですが、バーとしてはやはり忙しいなりにゆったり飲んで頂きたいのです。
昨日は溜まっていた料理の仕込みなどをせっせとこなしていました。
何気に人気のカレーピクルス。
連休の後半には気温に高さもあってか、いつもの2倍ペースの注文が入り、いつの間にか完売してしまい、なかなか新しいのを仕込む余裕もなくようや昨日に仕込めた。
完成したと思ったら、天気が下り坂。
やっぱり酸味系料理は暑い日に欲しくなるのでしょうか?

昨日は自宅にて鬼の特別料理仕込みプレイ。
夕方営業で散々睡眠をとってやろうなどと考えていたのですが、オトコを見せると言ってしまった以上、退けなくなり結局は昼営業のときと同じ時間に起きて、そのまま買出しに行き、帰宅後から出勤時間までフルタイムでの作業。
正直、疲れちゃったのですが、この仕込みに関しては途中で止めれないベルトコンベアー状態なのです。
テツヤ君、やっぱりオトコの中のオトコでした。
全てやり遂げて、ちゃんと開店に間に合う時間の電車に乗り込むことが出来ました。
そんな日は飲んでしまうのもオトコらしさ(?)。
地味に飲んでいた模様。

心地よい酔いもあり大船までの根岸線では超睡眠。
そして東海道線の2駅間をオトコの気合で睡魔に打ち勝ち、無事辻堂下車。
そして無事自宅にたどり着き、何故かハラミを焼いて食べて、さらに恵里さんが作ってくれていた怪しいたらこパスタを食べて、そのままコタツにて気絶。
サイテーな胃袋のムカムカ感で朝方起きて、歯磨きして寝室に移り、また気絶。
何だかんだでGWの激務の息抜きになったと思います。

気づけば、もう金曜日です。
また料理も仕込まないといけませんね。
ちなみに特別料理は週末のどこかで参上します。
お楽しみに!

しかし夕方営業だと、たっぷり時間があります。
連休のせいで、早い時間に起きる癖がついたらしく今日も自然と8時台に起きた。
ということは睡眠時間が短いということになる。
もっと眠ればいいのに・・・・・・。
今日は特別な仕込みなどの作業も無いので、ビールでも飲んで昼寝を決め込もうかな?
さよなら。

ビール。
昨日は5樽開栓。
「箕面」イングリッシュビター(リアルエール)
「いわて蔵」ペールエール(リアルエール)
「ハーヴェストムーン」ベルジャンウィート
「ノースアイランド」スパイスエール(希少限定、7ヶ月熟成)、IPA(7%、苦い系)

ビターが超旨い。
久しぶりにリアルエール用のハンドポンプ2台の分解徹底洗浄を行った(一昨日に)。
こんなことをやっているビール屋はなかなか無いと思う。
もちろん普段の洗浄は行っているわけですが、ハンドポンプは構造上それだけでは落としきれない汚れ(ビールから来るものなので汚物ではない!)があると私は考えています。
実際に2ヶ月ごとくらいにばらして綺麗にしているけど、やっぱりそれだけの期間でも多少は汚れてしまっているのです。
1度そういうのを知ってしまうと、私の性格では定期的に分解洗浄しないと気がすまないのです。
分解するとなるといつもの洗浄のように簡単にはいきません。
当然、工具を使い結構な手間を掛けて分解をし、さらに徹底的に洗剤で洗い、さらに全部品の消毒作業。
正直、面倒くさいな〜なんて思いながらやるときもありますが、その後にビールを開栓して飲んでみると「旨いでしかし!」と呟くほど美味しくなる(思える)のです。
私の経験上では分解して洗っているお店は知らない。
機械があれば何でもばらしてみたくなる性格らしく、実際ハンドポンプにしても構造書があるわけでもなく、誰かに教わったわけでもなく、突然思い立って昔にバラバラにしてみたのです。
実はこのときにちょっと調子が悪くなり、ビールを吸い上げることが不能になってしまって、かなりビビったのですが、そんな時は専門の人に聞くのが1番。
箕面ビールに電話して状況を伝えると、さすがは美人工場長(美人が関係あるのかは不明)。
的確に付け間違っているポイントを教えてくれました。
こんな失敗もあり、今では私の頭に中に構造書が入っています。
一度覚えたものは(特に失敗したこと)は二度と忘れないもんです。

長くなったけど、それだけ気を使っているつもりです。
昨日開栓したビターもペールエールも最高に美味しいと思う。
ゆるい感じのエールなのでマッタリのめるのでは?

北の(あの「北」ではない)スパイスエールが激しく美味しかった。
海外ビールのクリスマスエールみたいなイメージなのかもしれません。
実際、昨年のクリスマス向けに仕込んだようなことを聞きました。
その分、熟成感もたっぷりで実に贅沢なビールです。
これを飲まずしては、スパイスエールは語れません(別に語りたくもないか?)
以上。

無くなったのは3樽
「ベアード」沼津ラガー
「スワンレイク」アンバーエール
「ベアレン」アルト
さよなら。

本日は3樽開栓します。
「ベアード」ライジングサンペールエール
「スワンレイク」ベルジャンIPA(限定)
「ベアレン」シュバルツ(ドイツスタイル黒)

必殺最強ライジングサン参上です。
飲むべしです。

ベルジャンIPAはそろそろ完売するんじゃないかな?
ベルギービールのような香りの後に来る、アメリカンなホップの香り&苦味。
絶妙と呼ぶに相応しい。
うまいでしかし!

シュバルツは言うまでなく、美味しい黒ビールです。
ファンが多いですね。

では、さよなら。


7日(金)のビール
「箕面ビール」 イングリッシュビター(リアルエール)
「ベアードビール」 ライジングサンペールエール
「富士桜高原麦酒」 ラオホ(スモークビール)
「志賀高原ビール」 ポーター
「スワンレイクビール」 ベルジャンIPA(限定)
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 シュバルツ(ドイツスタイル黒)
「ハーヴェストムーン」 ベルジャンウィート
「ノースアイランド」 スパイスエール(希少限定、7ヶ月熟成)、IPA(7%、苦い系)

今週のサービスモルトは「トマーチン12年」700円です。
とてもバランスの良いハイランドモルトです。
するする飲める系なのかもしれません。

「ゴールデンウィークの予定」
29日(木)〜5日(水)までの7日間は(3日(月)も営業)、いつも通り昼の12時より、健康的ビアバー営業をします。
限定料理もガシガシ投入するつもりです。
6日&7日は16時開始です。
8日(土)、9日(日)は普段通りの12時オープンです。
posted by クラフトビアバー at 10:19| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

今日は16時開始

本日は平日なので今年は普段通りの16時オープンにします。
昨年は勢いだけで間の平日も昼からやって、まあそれなりにお客さんも来られたのですが、今年は無理をしないということで夕方からすることに決めました。
私も先月の末で31歳になり、そろそろ勢いだけで突っ走るのも危ないかなと・・・・・・。
まだ30代に入ったばかりなので、年配の方からすると「何言ってるねん、若いくせに!」なんて言われそうですが、3児の父&一人ぼっち営業というのもあるので、ちょっと守りに入ったりしてます。
そうは言っても、大阪・和泉市生まれのイケイケクルクルパーテツヤ君はやる時はしつこいくらいにとことんやります。
昨日までの7連続昼営業も余裕でやり遂げました(昨日に「マスターちょっと疲れてるね」なんていわれてしまったが)。

今日は時間を気にせずに睡眠を取り、復活を遂げたいと思います。
出勤の前まで眠っていたいけど、今日はスーパー限定料理の仕込みをしないといけません。
オトコを見せる時が来ました。
愛情を込めて仕込んだ料理が美味しくないわけがないというのが、なんちゃって料理人の持論。
頑張るでしかし。

昨日はおそらく連休中で一番気温も上がり、間違いなくビール日和でした。
お蔭様で当店もビールが滝のように出ました。
やはりリンゴサイダーがガンガン出て、早い段階で完売してしまいました。
とても良い仕上がりになっていたので、また近々入荷する予定です。
リンゴ気分で来店されて、飲めなかった方には申し訳なかったです。
今回は私が飲み干したわけではないので、お許しください(たまに私が飲みすぎて無くなる)。

昨日はため息が出そうなくらい買い込み過ぎた中落ちカルビが閉店前くらいにちょうど無くなりました。
自宅でカルビな日々を送ることになるのかと怯えていたのですが、そうならずに済んで良かった。
最近はかなり強気で仕入れていますが、それが逆にいいみたい。
お客さんに恵まれているということです。
これからも強気な仕入れで頑張ろうと思う。
余れば家族で消費すればいいことだし。


ビール。
昨日は3樽開栓。
「ベアード」沼津ラガー
「富士桜」ラオホ(スモークビール)
「志賀高原」ポーター

ラガーが旨くて旨くて・・・・・・・。
後半に2パイント飲んでしまった。
最後の最後で休肝日失敗。
我慢は良くないし、仕方あるまい。

ポーターの美味しさにも感動。
ちょっと思うのですが、最近はどこのビール屋もクオリティーが上がってきてるような気がする。
感動させてもらえるわけだから素晴らしい。
飲むべし!

無くなったのは5樽。
「箕面」ダブルIPA
「志賀高原」ハウスIPA
「いわて蔵」IPA、リンゴサイダー
「ノースアイランド」ピルスナー
さよなら。

最近、無くなるのが早いでござる。
誰がそんなに飲んでんねん!

本日は5樽開栓します。
「箕面」イングリッシュビター(リアルエール)
「いわて蔵」ペールエール(リアルエール)
「ハーヴェストムーン」ベルジャンウィート
「ノースアイランド」スパイスエール(希少限定、7ヶ月熟成)、IPA(7%、苦い系)

ビターといわてペールは共に優しい系です。
癒しビールということにしときます。

久しぶり入荷のベルジャンウィートは、今の季節に合うと思い入荷しておきました。

スパイスエールは、いろいろなスパイスを投入して、しかも7ヶ月もの歳月を経て参上した贅沢なビールです。
私もまだ味は分からないけど、とにかくあるうちに飲んでおいてください。
アルコール度数も7%弱あったかと思います。

ラインアップが大人しくなりそうなので、刺激系IPAも開栓しておきます。
これは言うまでも無く、大人気感動級ビールです。
北の巨人を言うに相応しい。

私はいつも、「ミッキービール」とか「北海道ピルスナー」とか勝手な名前を付けたりしていますが、いつかお叱りを受けそうです。
気をつけて、書くことにします(やめへんのかい!)。
さよなら。


6日(木)のビール
「箕面ビール」 イングリッシュビター(リアルエール)
「ベアードビール」 沼津ラガー
「富士桜高原麦酒」 ラオホ(スモークビール)
「志賀高原ビール」 ポーター
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン」 アルト
「ハーヴェストムーン」 ベルジャンウィート
「ノースアイランド」 スパイスエール(希少限定、7ヶ月熟成)、IPA(7%、苦い系)

今週のサービスモルトは「トマーチン12年」700円です。
とてもバランスの良いハイランドモルトです。
するする飲める系なのかもしれません。

「ゴールデンウィークの予定」
29日(木)〜5日(水)までの7日間は(3日(月)も営業)、いつも通り昼の12時より、健康的ビアバー営業をします。
限定料理もガシガシ投入するつもりです。
6日&7日は16時開始です。
8日(土)、9日(日)は普段通りの12時オープンです。
posted by クラフトビアバー at 03:47| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

焼肉の日

連休の最終日は〆に相応しい限定料理にします。
当店の原点の焼肉の登場です。
今回は中おちカルビでいきます。
昨日に大量に買い込んできたのですが、出すタイミングを見失いそのまま今日まで持ち越してしまいました。
なので今日は焼き焼きで頑張ります。
最後だしちょっと増量しようかな。

限定料理「中落ちカルビ 500円」

味わいの深いお肉を脂を落としながらグリルで焼きます。
これがビールに合わないわけがありません。
ある意味、反則料理とも言える。
北海道ピルスナーで合わしたいところ。

昨日は限定料理で「しめさんま」を出してみた。
しめさばは有名だけど、今回のさんまも美味しかったです。
油断していたら夕方くらいに無くなってしまった。
仕入れが少なかったわけでもないのに何故だ?
きっとお代わりされる方が多かったからだと思う。
またいつかしたいです。

昨日は予定通りいわて蔵のりんごサイダーを開栓しました。
これが衝撃の美味しさでした。
さすがにアルコール度数は上がってなかったけど、切れがあり、なのに果実味もしっかりあり、とってもいい感じでした。
これは天気のいい日だと、グビグビいけてしまいそうです。
今日もそれなりにいい天気らしいし、これはまず1杯目に飲んでください。
幸せな休みになるかと思います。

ビール。
昨日は5樽開栓。
「箕面」ダブルIPA(9%、リアルエール)
「志賀高原」ハウスIPA(バッチ300、限定、8%)
「いわて蔵」リンゴサイダー(限定新バッチ)
「ベアレン」アルト
「ノースアイランド」ピルスナー

勢い余って、ハウスIPAと北海道ピルスも開栓しておきました。

しかしハウスIPAは痺れる苦さです。
最高に美味しいと思います。

ノースのピルスナーも他には無い香りがしたりして、ちょっと感動するビールです。

共に飲むべしですね。

アルトはいくらでも飲めそうな感じです。
いつか挑戦してみようかな。
今日するか?

無くなったのは6樽。
「ベアード」ラブポーションエール
「富士桜」ヴァイツェン
「志賀高原」ペールエール
「ハーヴェストムーン」シュバルツ
「ノースアイランド」コリアンダーブラック、IPA
さよなら。

本日は3樽開栓します。
「ベアード」沼津ラガー
「富士桜」ラオホ(スモークビール)
「志賀高原」ポーター

最近の沼津ラガーが最高レベルの香りの良さという情報を入手したので、ちょっと入荷してみました。
期待しています。
ベアードは限定ビールも面白いのが多いけど、やっぱり定番のビールが最強だと思います。
飲むべし。

ミッキービールは注文が間に合わなかったので今日は休肝日。
また明日にでも何か開栓します。

今日も勢いで開栓していきたい。
頑張ります。

さあ、今日も昼ビールだしそろそろ眠りにつきます。

5日(水)のビール
「箕面ビール」 ダブルIPA(9%、リアルエール)
「ベアードビール」 沼津ラガー
「富士桜高原麦酒」 ラオホ(スモークビール)
「志賀高原ビール」 ハウスIPA(限定、8%)、ポーター
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 リンゴサイダー(限定新バッチ)、IPA(リアルエール)
「ベアレン」 アルト
「ハーヴェストムーン」 休肝日
「ノースアイランド」 ピルスナー

今週のサービスモルトは「トマーチン12年」700円です。
とてもバランスの良いハイランドモルトです。
するする飲める系なのかもしれません。

「ゴールデンウィークの予定」
29日(木)〜5日(水)までの7日間は(3日(月)も営業)、いつも通り昼の12時より、健康的ビアバー営業をします。
限定料理もガシガシ投入するつもりです。
6日&7日の営業時間は考え中。
勢いだけでまた昼からやるか?
8日(土)、9日(日)は普段通りの12時オープンです。
posted by クラフトビアバー at 02:12| 日記 | 更新情報をチェックする