2012年04月03日

本気の引越し

昨日は引越し作業でした。
と言っても、私達はただ眺めるだけ。
これをどこに運ぶとか、そんな指示はしたか?
しかしプロは凄い。
3人体制で16時にスタート。
遅い時間プランは安いけど、作業員も時間に追われてか大変そう。
本気出していました(たぶんね)。

箱をドンドン運んでいきます。
さすがです。
大きいものとか無かったのもあり、作業は順調に進む。
そうは言っても開始は16時。
17時も過ぎ、18時とかにもなりそうになり。
結局、2トントラックではありましたが、2回に分けての運びになりました。
徒歩2分ではありますが、ダンボールをたくさん運ぶとなると、1分でも10分でも変わりなないのです。
トラックで移動するということは、詰め込んで、降ろすという同じ作業なのです。
作業は順調に進み。

がしかし、想定外の重いものに遭遇。
そうです、スタンディングタイプのサンドバッグです。
重さ100キロ近く。
しかも、持ちにくく。
一度、「これは持ちきれません」と弱気な意見を頂きました。
大阪人の私としましては、申し訳なく思いつつも「頑張りや〜」と。
最悪の事態、重りに入れている砂利を抜いてから、運んで新居で砂利を詰めるという超面倒くさい作業になる可能性もありました。
許さんけどね。

奇跡の瞬間。
サンドバッグを2階のリビングに上げる作業の途中。
2番手の作業員(たぶん)では階段上がれず。
ダメな雰囲気漂う中、一番若手の(たぶん20代前後)男子が、「私のバカ力に任せてください!」と。
見た目は、華奢な男子。
下から上まで、気合入魂で運んでしまった。
一瞬の事。
恵里さんと私は感激。
だってさ、めちゃくちゃ重いねんで。
お陰様で、引越し作業完了。
何だかんだで19時前まで掛かったのかな?
何か分からんけど、私達も疲れた。

夕食自宅で食べる気でいたけど、さすがに予定変更。
疲労したし、焼肉だな。
と思い、近くのたまに行く(いつも行くとこでは無い)焼肉屋に行ってみた。
何やら不思議な雰囲気。
恵里さん聞きに行ったら、貸切だとか。
スーツの人多く、恐らく会社か何かの送別会とかそんなのなのかな?
仕方あるまい、という事で、場所移動。
結局悩んだ挙句、炭火焼のお店にした。
ここ、2階に個室が座敷があるので、我が家では重宝しています。
そして、結構旨い。

昨日、完全に頼みすぎでした。
私の母も同伴でしたが、そんな人数にしても頼みすぎ。
いつもそう。
いいのです。
美味しいし、楽しいし。

引越し完了(運びだけだが)の打ち上げですわ。
食べ過ぎ飲み過ぎ。
痺れました。
満腹完了。

で、今日の事。
朝から作業。
荷解きです。
私の性格としましては、早くやっつけてしまいたかった。
なので、本気出しました。
昔、現場作業とか散々していた、段取りが活きました(たぶん)。
恵里さんキッチンで梃子摺って居る時に私は、2部屋仕上げた。
完璧、天才だに。
まだまだやります。
本気です。
仕事でもっと本気出せって話です。
お陰様で、子供部屋以外はほぼ引越し完成。
残りはぼちぼちやっていこうと思っています。
さよなら。

今日はめっさ働いた。
この話はまた明日にでも。

ビール話。
日曜日は5樽開栓。
「箕面」ペールエール(リアルエール)
「志賀高原」ハウスIPA(最強濃厚IPA、8%)、アフリカペールエール最終系(たぶんさよなら樽)、美山ブロンド(旨い樽)
「ベアレン」クラシック(ドルトムンダー)

無くなったのは3樽。
「ベアード」ミルクスタウト
「志賀高原」アフリカン
「いわて蔵」IPA
さよなら。

本日は3樽開栓します。
「ベアード」チョコレートウィートスタウト(1樽限定)
「いわて蔵」レッドエール(リアルエール)
「ハーヴェストムーン」春の小麦エール(限定今年版)

チョコスタか・・・・・。
飲むしかないな。
料理は何に合うのかな?
コラボ頑張ります。

岩手の癒し系レッド登場です。
癒しです。

春の小麦、今年も来ました。
旨いです。
アメリカンウィートスタイルではありますが、千葉スタイルでもあります。
以上です。

4日(水)のビール
「箕面」 ペールエール(リアルエール)
「ベアード」 チョコレートウィートスタウト(1樽限定)
「富士桜」 ヴァイツェン
「志賀高原」 ハウスIPA(8%、IPA)、美山ブロンド(好きだに)
「スワンレイク」 アンバーエール
「いわて蔵」 レッドエール(リアルエール版)
「ベアレン」 クラシック(ドルトムンダー)
「ハーヴェストムーン」 春の小麦ビール(限定今年初)
「ノースアイランド」 ブラウンエール
posted by クラフトビアバー at 21:25| 日記 | 更新情報をチェックする