2012年07月21日

焼いて、注いで

昨日は意味不明にステーキ5種登場。
肩ロースステーキ、中落ちカルビロング、ドラゴンステーキ、骨付きカルビロング、豚ハラミロング。
アホですか?
何のお店ですか?
焼きましたよ。
お肉を焼いている合間にビールを注いでみたり。
本末転倒か?
お客さんの笑顔に変わったという事は、まず間違いない。
お肉をナイフで切って食べる事に快感を覚える方が少なくないという事実。
勢いだけで仕入れてきたわけだが、結果としては成功の部類に入るのではないかなと。
ステーキ祭りと紙に書いて張ったのですが、後半は3種になり、2種になり、最終的には1種になってしまい。
祭りとは言えない状態になったけど、まあ祭りの最後ってそんなもんなのかなと自己肯定してみたり。
イベントとかしないお店です。
商売が下手なのかも知れません。
持論としては、パツンパツン混雑で目が行き届かないよりは、日々マイペースでお店が潰れないくらいの商いが出来ればいいかなと。
バランス取るの難しいのね。
昨日お客さんと話していたのですが、普段ステーキって食べないよねと。
ステーキハウスとか行かへんやん。
焼肉は行っても、ステーキはそうそう食べません。
だから、新鮮な部分あるかも知れません。
たくさん買ってきたステーキさん、完売こそしなかったけど、ほぼ完売レベル。
今日は何をしましょうか?
お肉で攻めることは決めていました(今週は)。
オトコのお店です(性別では無い)。
ビールを飲んで、肉を喰らう。
人と話し、笑い、たまに議論したり。
いろんな職業の人が来店されます。
公務員、教員、建築士、弁護士、医師、看護師、社長業、設計士、OL、極道(さすがに居ないか?)、エンジニア、ニート(仕事とは言わないか)、などなど。
そんな方々が、何の隔たりも無く会話されている瞬間が好き。
そもそも、大昔の身分制度みたいな位置づけとか今は無いしさ。
そういう方々と日々触れ合えている私は、実に幸せな人間だなと思う。
いろいろな専門家のお客さんから学ぶこと多数。
お金を頂いているのに人生経験を積ませてもらっているという、幸せな仕事。
もっと、クオリティーを上げないといけません。
と頭では考えていても、何をすべきか浮かんでこない現状。
難しいなりね。
とりあえず、今日も頑張ります。
もっと、前へ!(プロフェッショナル風)

昨日は自宅でダラダラしておりました。
持病の頭痛のせいもあります。
ようやく元気になった昼過ぎに、茜里さんを引き連れ網元に生しらすを買いに行ってきた。
たくさん買ってみた。
結果、少し余ったんだけどね。
その帰り道またしても、茜里さん睡眠。
心地よいらしい。
帰宅後、茜里さんを寝室の布団に下ろし、さらにダラダラ。
恵里さんは、ツワリなどというよく分からん苦しみを味わっています。
そんな嫁のケアも出来ずに、私はただダラダラ。
ダメ旦那です。
頭痛が治まってきたので、運動。
懸垂すること、計100回以上。
腹筋すること100回。
昔の王将のCMみたいです。

寝る。
さよなら。


ビール。
昨日は4樽開栓。
「志賀高原」DPA(でら旨い)、アフリカペールエール(なまら旨い)
「いわて蔵」ペールエール(イングリッシュだに)
「ベアレン」アルト

ドラえもんが飲んでただけはある。
アフリカで流行ってるスタイルだけはある。
イギリス人も感動するはずだに。
ドイツ語の「古い」の意味を持つだけある。

旨いもんは、旨い。
ビールの説明の手抜きしているわけではありません。
必要性を感じないから(旨さに説明など要らないはず)、細かいことは自分から言わない。
勿論、聞かれれば私の知っている限りの説明はします。
それくらいしか出来ません。
ゴメンなさい。


21日(土)のビール
「箕面ビール」 ウメェ〜ビール(和歌山産梅、リアルエール)
「富士桜高原麦酒」 ラオホ(スモークビール)
「志賀高原ビール」 DPA(旨いねん)、アフリカペールエール(旨いじゃん)
「スワンレイクビール」 ライエール(再び参上!)
「いわて蔵ビール」 ペールエール(リアルエール)
「ベアレン醸造所」 アルト
「ハーヴェストムーン」 サマーバケーションエール(夏限定)
「ノースアイランドビール」 スタウト(黒いらしい)
「アウトサイダーブルーイング」 オーストラリアンIPA(ホップがオージー)
posted by クラフトビアバー at 02:47| 日記 | 更新情報をチェックする