2012年08月01日

夫婦水入らず?

2連休取らせていただき感謝します(実質、3連休か)。
ありがとうございます。
明日の水曜日から営業再開します。
3日も休んだので、まずはリハビリ営業から。
よろしくお願いします。

自宅でのBBQ地獄、志賀高原ビール地獄プレイの話はこないだ書きました。
しつこく「楽しかった」と書いていたのを見る限り、私も楽しめた模様。
これに関しても、ありがとうございます。

さて、ここからは旅行記。
全て覚えているけど、何か夫婦仲良しバカ日記みたいなので、実は書きたくない。
てか、恥ずかしい。
がしかし、カリスマブロガーなので(いつからですか?)書くしか無いらしい。

1泊旅行とは思えないくらい充実していました。
しかも昨日にBBQの片付けしてからの出発だったので、11時過ぎ発とか。
そこから旅行に行くのですか、あなた方は。
アホっぽいなり。
行ったことの無かった、草津温泉に行く予定でした。
予約もしていません。
これはいつもの事です。
何とかなるのですよ。

いざ出発。
水平対向6気筒3200ccにて。
ふふふっ。

8年ぶりのデートです。
恵里さん曰く、2人っきりでの旅行は新婚旅行に宿も決めずに行った南九州ぶりだとか。
確かに、そうかも知れない。
新鮮です。
時間が時間だったので環八混んでます。
ストレスです。
別にいいけどね。
恵里さんと普段しないような話をしたり。
上の子供が学校とか行っていて、3女が寝てるとか、おじいちゃん家行ってるとかで、2人っきりの時も無くは無いけど、そういう感じで話とかはしないかな、普段は。
そういう意味では、こういう時間を作ってくれた私の両親に大感謝なのである。
ありがとう。

最近、人にありがとうとたくさん言っている(発していなくても心の中で)気がする。
それだけ、お世話にばかりなっているという事か?

練馬から関越に入ります。
さすがにスムーズに進みますね。
250キロ出す計画は延期です。
妊婦を乗せて、そんな事しているほどバカではありません。
制限速度プラス20キロくらいで静かに進みます。
安全ですわ。
古いカーナビがどこか忘れたけど、高速道路を降りろと命令します。
えっ、まだまだ到着時間まで長いけど、ホンマにここで下りて草津に着くんかいな?
怪しいながらも、現代機器を信じて下道に下りてみた。
進みます。
標識に草津まで何キロとか書いています。
間違ってはいないみたい。
進みます。
案外、運転していて気持ちの良い道です。
進みます。
途中、いきなりどしゃ降りになりました。
焦りました。
濡れました。
そんな光景を二人で笑いあいました。
何か、青春です。
のろけではありませんが、すいませんです。

大雨は30分ほどで止みました。
所謂、ゲリラ豪雨です。

晴れ間も見え、ご機嫌で運転していたら、いつの間にか草津にいました。
環八で渋滞にはまっている時に、持参したPCで恵里さんが宿を調べていて、最終チェックを私がして決めた宿に当日予約電話。
取れましたよ!
世の中、そんなもんです。
平日だもの。
ぷぷぷっ。

古い建物マニアの私は、一番(なのかな?)古い宿にしてみた。
大正2年創業だかの、その名も「草津ホテル」。
私はいつも古いとこ泊まります。
料理美味しくなくて、サービスあんまりでも、部屋の作りとかに心躍るものがあれば、私はトータルで満足できたりします。
まあ、大体外さないんだけどね。

素晴らしいお出迎え。
長く続けることって、それだけで価値があるよね。
確実に若造カップル。
しかも荷物などは、ダサいリュック1つ。
私の経験上では、昔からやってきている旅館ほど人を見た目で判断しないような気がします。
怪しい夫婦だと思うし、いつもも3姉妹連れてよく分からんテンションでそういう宿に行ったりします。
不快だった宿って1軒くらいか?
しかも、それが日本一だったりする。
和倉温泉のあの宿ね。
だけど否定はしません。
事実、日本一に選ばれること数十年。
私には合わなかったというだけの事。

話飛びすぎ。
このままでは終われないブー。

チェックイン。
17時前に着きました。
お風呂に入るつもりでしたが、折角なので街を恵里さんと散歩しに行くことにした。
湯畑って、知っていますか?
わたくし、初めて知りました。
草津に行ったことある方なら、誰しも知っているかと思いますが。
行ってみましたよ。
お湯がドンドン流れてきます。
なんというか、美しい。
それを見ながら、恵里さんと「2人だと楽だね」と。
子育てが嫌なわけではありません。
こんな時間もらえる夫婦の方が少ないんだろうな。
さっきも書いたけど、ホンマに親に感謝やな。
今度、寿司でも奢ってあげますわ。

夕食です。
グレードアップコースみたいなのが2パイントくらいで付けれたので、何となく付けてみた。
アワビ酒蒸しとか、他もいくつか付くらしい。
まあ、どうでもいいけど。
飲みます。
ビンのビールです。
旅館からファーストドリンクとして、ワインの赤白のハーフボトルか、日本酒のハーフボトルがサービスとあったので、白ワインなどを飲んでみた。
ビールと同じペースで飲んでしまい、軽く後悔。
酔うやないか!
シバクゾ。

たくさん食べましたよ。
思っていたよりも料理多く。
ほぼ満腹。
結局、ワインハーフ1本と、瓶ビール4本で打ち止め。
その後、お風呂に行きます。
子供が居ないので、ただ単に大人が各自お風呂に行きます。
当たり前のようで、我が家庭では当たり前でない光景。
全てが新鮮です。
すいません。

草津の湯、よく分からんけど、何か良い感じ。
時間的にもガラガラで、超のんびり出来ましたよ。
露天風呂で、夜空を見上げながら今後の人生設計を立ててみた。
いろいろと難しい難題が立ちはだかりそうです。
4人目とか仕込んだ私への天罰(試練か?)です。

温泉入浴後、お部屋にて会議。
湯畑に行った時に、そばにあった焼肉屋の匂いがやばかったから食べに行くかと言う話になり(草津まで来て焼肉かいな!)、その方向で考えていたはずなのですが、気付けば深夜、寝室で2人寝てました。
前日のBBQ&志賀高原Bで限界を見ようよ大会の疲れと、翌日の片付けの疲れが溜まっていたのかも知れません。
お陰様で、翌朝の6時に起きました。
超清々しい目覚め。
朝DV。
朝風呂に行きます。
めっさ気分が良い。
特に、露天風呂が素晴らしい。

お風呂の後朝食まで、時間が余っていたので、またお散歩。
草津の街を徘徊します。
饅頭屋で配っているあまり美味しくないの食べてみたり。
商売っ気炸裂とかテンション下がるのね。
そんなところでは私はお土産など買いませんよ。
違うところで買いましたとさ。

チェックアウト。
痺れるけど、家族5人と比較すると超安いなり。
ありがとう、大正2年の歴史。

そこからは、我がお店の車乗り、バイク乗りお勧めの志賀草津道路を目指します。
気付けば走っていました。
はっきり言って、気分最高。
バイク乗りとか、ドライブ好きが私に「絶対行ったほうが良いよ」と言うだけはあります。
素晴らしい景色と、素晴らしいロード。
それなりにカーブしますが、それがまた心地よい。
ミッドシップエンジンが喜んでいるのが分かります。
人生で初めて味わう、ナイスなハンドリングです。
感動した。
テツヤ、燃費など考えずに踏みます。
それが生き様だに。
リッター10を目指しオドオドしながら走るよりは、本気踏みで5とか6とかで良いと思っている武士な俺。
斬ってみろ。
終わり。

途中、横手山山頂までリフトで上ってみた。
景色を見るのと、パンを買うのと。
何でも、山小屋に旨いパン屋があるらしい。
景色最高でした。
デートっぽい。
恥ずかしいなりね。
パン買いました。
下りのリフトで少しかじってみた。
うっ、旨いやん。
運転に戻ります。
志賀を目指します。
スキー場の名前がちらほら。
何か懐かしい。
夏の志賀高原、また印象違ってて、良いね。

ただ志賀草津道路を走りたかっただけの私ではありますが、麓に下りてクールダウンで車を走らせていたら、何故かいつもの場所に居た。
癖で運転したいたみたい。
我がお店でも人気の志賀高原ビールを作ってる玉村本店様、なう。
実は、BBQ大会に借りたサーバーの返却もありました(たまたまとちゃうやん!)。
ヤマト運輸で返せばいいのかも知れないけど、それでは感謝の気持ちは伝えれない(そうなの?)。
行動あるのみ。
そんな流れで、私は今日、昼過ぎ、湯田中(志賀高原ビール生産地)にいました。
夏場は忙しいビール生産業界。
実際忙しそうだったのですが、おもてなしを頂きまして。
申し訳ない。
第一のおもてなしは「ホップのほぐし作業」。
朝に収穫した生ホップですよ(本当は収穫もしたかったのね)。
嫁共々、いきなりビニール手袋を渡され、ほぐし方を伝授され、いざ作業。
ほぼ、仕事。
それがね、楽しいのね。
仕事のときはそれなりにいろいろと頭使います(こんなバカそうな私でもね)。
そんな事せずに、ただただホップをほぐすとか、休暇のときには素晴らしいのですよ。

しかし、この会社のスタッフ(専務含め)、皆、最高に素晴らしい人ばかり。
恵里さんも感動していた(本当にです)。
ありがとう(何度目だ?)。

ホップほぐし作業の後は、丸秘計画を聞いてみたり。
志賀高原に熱い(暑いじゃなく、熱い)夏が来るかもね。
内緒内緒。
関内で私に1パイントご馳走してくれたら、少しくらい教えてもいいがね。
なんてね、口堅いのよ。

その後は、たかしインペリアルスタウトのイメージキャラクター(?)のたかし君にブルーベリー畑&ラズベリー畑&ホップ畑に嫁と連れて行って頂き、散々ブルーベリーを手積みで食べ、ホップの枝をお土産に頂き・・・・・。
ホップ畑と言うよりは、ホップジャングル。
迷っても良いと思える美しさ。
あれでビールに素晴らしい香りがつくのか。
何か神秘的。

軽く寄って挨拶のつもりが、しっかりサービスしてもらってしまった。
何か申し訳なくなる。
突然、しかも繁忙期に参上し、時間を取らせ、おもてなししてもらい、さらにお土産まで頂いてしまい。
サーバーを返しに行くだけの予定でした(確信犯疑惑)。
カタジケナイ。

とにかく楽しかった。
恵里さん、山梨の田舎生まれというのもあってか、志賀高原の環境をとても気に入っていました。
クラフトビアバーが経営危機に陥ったら、押しかけて拾って貰おうか?
なんて、そんな風に、人頼みしている時点で人生の先は無いのね。
自分で切り開くという事、常に持っていたいんだけどね。
書くと簡単だけど、そんなに人生甘くないのね。

もう1泊したいくらいでしたが、さすがに翌日から仕事の身。
寂しいが帰りましたよ。
私はこのビール会社(清酒の歴史は200年とかだけどね)と、これからも長く付き合っていくのかな。
もっと、もっと、旨いもんは旨いというのを世間に知らしめます。
いつか直営店を、私が神奈川でします(したいです)。
お疲れ様。

のろけ話、いい加減、聞きたくない人、ここまでで閲覧終わりでお願いします。


恵里さん、いつもと違う表情たくさん。
それだけ普段は一杯一杯なのね。
まあ、夜ダンナが居ないのに3人の育児って大変だよね。
当たり前か?
オンナ、まだまだしています。
ついつい、母親として見てしまい、美への追求含め、妥協する部分多数。
元々美人かというと微妙だけど(失礼!)、輝いて子育てしてもらいたいなと思ったのでした。
今回の夫婦旅行でリフレッシュ出来ているといいんだけど。
終わり。
プリプリ、プー。



んっ?
寝てたらしい。
何故かソファーまで移動してたし。
よく分からん。
山伏弐のオーク樽版8,5%を1本飲んだだけなのに、気絶とは・・・・・。
志賀からノンストップ運転、4時間半してきた疲れなのかな?

これからちゃんとお布団で眠り、今日の仕事に備えます。
こないだの自宅BBQ大会の詳細聞きたい部分もあり、覚えていない部分、無かった事にしたい部分もあり。
記憶を無くすという事の恐ろしさ。
慣れてるんだけどね。
ふふふっ。


ビール。
本日開栓は10樽。

結構いい感じになると思います。
ビールの詳細はお店で!
飲めば分かる美味しさ。
以上。


8月1日(水)のビール
「箕面ビール」 ぺールエール(リアルエール)
「富士桜高原麦酒」 ヴァイツェン 
「志賀高原ビール」 真夏のウィートエール(旨いらしい)、美山ブロンド
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 IPA(リアルエール)
「ベアレン醸造所」 クラシック(エキスポートラガー)
「ハーヴェストムーン」 サマーバケーションエール(限定)
「ノースアイランドビール」 IDA(インディアデビルエール、7%)
「アウトサイダーブルーイング」 インペリアルスタウト(8%)
posted by クラフトビアバー at 05:13| 日記 | 更新情報をチェックする