2013年12月03日

こぶたレース

昨日の休みは1週間頑張った自分へのご褒美として、子供とじっくり遊ぶ時間を貰うことにした。
なので、小学校&幼稚園&家事(?)を休ませて、千葉県までお出かけ。
大好きなマザー牧場に行きました。
のんびりしてて、広大な敷地と、超見晴らしの良いところが気に入ってて、結構行っているスポット。
自宅からアクアラインを使って1時間から1時間半くらいかな?
朝の9時に出る気満々でいたのですが、のんびり我が家には不可能な事でして。
結局、車が走り出したのは10時半。
まあ良いのね。
ボチボチ280馬力で120くらいで走るプレイ。
気付けば千葉県に入ったプレイ。
館山道のどこぞのPAの中にあるETC専用出口で出るプレイ。
そこから少しだけ山道。
途中、細いけどかなり近道のところを通り、11時50分にフィニッシュ。
途中のコンビニでダラダラと朝食とか子供もおやつを買ったことを考えると1時間くらいで到着したことになるな。
アクアライン様様で御座います。

早速、入場(入園なのか、牧場だから入場なのか)。
とりあえず羊とか豚と触れ合うところに行ってみた。
ナデナデしてました。
アカリンも出来ました。
ちょっと恥ずかしそうです。
久しぶりにカメラのシャッターを切りました。
ピントを合わすのがぎこちないです。
スイマセン。
たぶん、ピンボケ写真続出です。
無駄使いであり、オトコのロマンでもあります(ホンマかいな)。

その後は急な坂道をみんなで上ります。
茜里さん早くも「アカリ、疲れちゃった」と嘆きます。
彩音さんがたまにおんぶしてくれたり(優しい長女)。
私がたまに抱っこしたりもしたけど、ちゃんと歩かせました。
そして、お馬さんに乗ります。
競走馬ばりに大きい馬の背に乗り、パカパカと1周します。
1番手が茜里さん。
目線は2メートルは越えてると思う。
3歳児からOKだったかでしたが、特に大人の補助なく、跨る椅子(何て名前だったか?)に座り、自分でその前に付いてるバーを持つだけ。
親バカな私はアカリンが落ちたらどうしようなんて心配になったりもしたのですが、お姉さんに引かれてパカパカ進むところを見てると、現代の親ってのはいろいろと心配し過ぎな部分もあるなと他人事のように思ったり。
しっかりバーを握ってるので、馬が万が一暴れ出したりしない限りは、落下することも無いのね。
そんな茜里さん、恥ずかしそうな笑み全開で戻ってきました。
アカリン、凄いねぇ、とみんなで言ったら、ニコニコで隠れてた。
かっ、かわいい。

次は美咲くん。
次女兼長男。
もう何回も乗っているので、さすがに余裕があります。
手を振って出発。
そんな美咲さんも、笑顔で戻ってきた。

彩音さんはお姉さん。
大きくなりました。
可愛いです。
手を振って出発。
手を振って戻ってきた。
華原朋ちゃんが、昔に白い馬で登場して、手を振ってたところを思い出した。
そんな事はどうでも良いけど。

お馬さんにみんなでニンジン(有料だが)あげたり。
茜里さんも出来ました。
何センチくらいかな、15センチだかのニンジンの端っこを持って、それを馬の口に持っていき、馬がくわえたら離すだけなのだが、自分より数倍大きい生き物にパクッとやられるのは慣れないと怖い体験だとも思う。
そう考えると、たまにだとしても、動物を見るだけでなく触れ合うのって大切なのかも知れない。

お馬さんと触れ合って満足した一行は、先ほど上ってきた坂道を今度は下ります。
良い運動になります。
いざ、こぶたレースへ。
冬の平日、さすがに空いてます(てかガラガラやん)。
茜里さんがレースに出ることになっていました(レース予約とかでなく、我が家庭的順番として)。
選手選びの時にアカリン、頑張って手を上げたら当ててもらえた。
子供も少ないという事で、兄弟も出て良いことになって、1チームとして彩音さんと美咲さんも一緒に出ることになった。
みんなご機嫌です。
6匹の子豚さんでレースを競います。
アカリン子豚は1番レーンだったかな?
何番の子豚が1等か賭けることも出来て(小さい豚のぬいぐるみに何番って書いてるのを500円で購入する仕組み)、それが当たるを景品として、大きい豚のぬいぐるみが貰える。
レーススタート。
豚のお尻を押してあげるやつなのですが、子供よりも足の速い豚は皆ゴールしてしまいました。
茜里さん(チーム?)の子豚さんだけ、違う方向に進み、何だか鼻で穴掘ろうとしてるし。
何だお前?
でもね、みんなでお尻を押してあげて、無事にゴールイン。
お疲れ様。

さすがに景品は貰えなかったけど(1等だとメダル貰える)、楽しそうにしてました。
嬉しいね。

さてそろそろ牛の乳搾り体験の時間だに。
で、行こうと思ったら。
茜里さん、何だか泣きそう。
「アカリ、1番にゴールしたかった」だってさ。
こういうところ、他の娘と違って変わってます。
UFOキャッチャーをしても、取れない事が多いんだよと私達が言ってからプレイしたのに、取れないと泣いたりします。
「アカリ、取りたかった〜」とエ〜ンエ〜ンとか。
難しいなりね。
まだ3歳だし、それなりに教えつつ、自分のペースで進んで欲しいと思う。

乳搾りをしてみた。
やり方を教えてもらい、私と陽織さん以外はみんな搾ってた。
ちゃんと搾れてて、ややびっくり。
そして、牧場で作った(取れた?)牛乳をみんなで飲んでみたり。
はっきり言って、とても美味しい。
そりゃそうだよな。

その後は園内を走るワンワンバスに乗り、ミニ遊園地がある山の上まで。
まずはお昼ご飯です。
ジンギスカンが出来る場所もあったのですが、恵里さんが羊の味があまり好きじゃないという事で、普通のレストランに行ってみた。
感激レベルの見晴らしの席を陣取り(そんな席ばかりだったけど)。
私は自家製ソーセージ盛り合わせと、リブステーキの150グラムと、生ビール。
恵里さんは、何故かカツカレー(よくそんなもん食べれるなぁ)。
子供達は、お子様セットのカレー版(ハンバーグ版もあった)。
トリアエズビール(まさにそうだ)。
うっ、うまい。
あの景色を見ながらのランチビール。
最高だに。

てか、100人は余裕で入れるかという店内、客は私達1組。
よし、折角なので、寛いであげよう。
ソーセージ食べつつ、ビール。
ステーキ食べつつ、ビール2杯目。
さらに食べつつ、ビール3杯目。
今日はこのくらいで勘弁しといたろか。
満腹やしな。

遊園地に行きます。
その前に芝生でお相撲プレイ。
彩音さんも美咲さんも吹っ飛ばしてやりました(大人げないと思います)。
お父さんは強いのだ。
ガッハッハッハッ(MTK風お父さん)。

遊園地で遊びます。
子供騙しのものばかりです。
子供は超ご機嫌です。
それで良いということです、はい。
乗り物16時までという事で、あまり時間が無かったけど、購入した券を使いきり、無事に終了。
約束してたゴーカートが、場所が違うので時間的に間に合わなくて乗れなかったけど、触れ合いからの、馬乗り、こぶたレース、遊園地と、結構遊べたかな。
下までワンワンバスで戻ります。

帰るべ?
と思ってたら、冬だけスケートリンク設営されてて、夕方からはイルミネーションもあるとか何とか。
彩音さん、美咲さん、スケートがしたいと聞きません。
えっ、帰るの遅くなるやん。
まあ折角、学校とかも休ませて来たし。
という事、子供の情熱に負けて、スケートをしました。
4歳から出来るとの事でして、茜里さんまだ3歳。
今月中には4歳になるし、誤魔化しとくか。
私含め4人で申し込みに行きました。
受付のお兄さん(受付も何も、1人で全部してたけど)、子供に何歳ですか?とか聞き始めた。
彩音さん、「8歳です」。
美咲さん、「6歳です」。
茜里さん、急いで彩音さんが「4歳です」と。
子供は楽しい事の為なら、少々の嘘は付くものです。
無事に審査合格。
レンタルブーツを履きます。
肘膝当てを装着して(子供だけね)。
手袋はめて、いざリンクへ。

美咲さんは初めてなので、さすがに手すりに捕まり、苦戦してます。
それでも、楽しいらしく試行錯誤して少しずつ上達していきます。
彩音さんなのですが、何故かスイスイ滑ってる。
なにごとですか?
やった事とかないはずなんだけど。
スキーは滑れる私ですが、スケートはどうも苦手でして。
そんな私よりも安定した滑りの彩音さん。

恵里さんに聞くと、かなり前に買ってあげたインラインスケートをやってるからだとか。
たまに家の前の道路で遊んでたな、くらいにしか覚えてなかったけど、実は技術を習得していたのね。
結局、1時間弱かな、彩音さんはほとんど休む事なく、スイスイ滑ってました。
美咲さんも手すりからたまに離れて滑れるようになりました。

で、アカリン。
アシカの乗り物みたいなのがあり、それに座らせて私がそれを押していたのですが。
たまに勢いよくスピード出したのが怖かったらしく、泣いてしまいました。
「シュケートはもうヤラナイ」だってさ。
父、トラウマを作ってしまったのかも知れません。
ガビ〜ン。
開始10分くらいで茜里さんは脱落。
最初はブーツ履いたまま、恵里さんの隣りに座りテンション低く、無表情だったアカリン。
もうやらないからとブーツを脱がせてもらって、普通の靴になった瞬間、ご機嫌アカリン登場。
何だか分からんけど、走り回ってた。
魔性の女なのかも知れない。
ふふふっ。

さすがに暗くなりました。
リンクは照明で明るいけど、辺りは真っ暗。
17時半で止める約束だったので、彩音さんも渋々終りにした。
ブーツ脱いで、肘当てとか外して。
スケートも終了。
1時間くらいだったけど、彩音さんも美咲さんもとっても楽しかったんだってさ。
来週もマザー牧場に来たいとか言っております。
おいっ。
スケートリンクだけなら、どこかにありそうだけど。
調べてみるべ?

さすがに帰ろうと思ったのですが、あまりに綺麗なイルミネーションだったので、少しだけ見ていくことになりました。
さっと見て帰るつもりが、少ししたらイルミネーションショーをやりますだとか。
良いタイミングです(さすがというのか)。
なので、見てから帰ることにした。
音楽とか流れたり、ライトがいろいろと変化したり、シャボン玉がたくさん出てきたりと。
とっても綺麗でした。
虹みたいにピカピカのトンネルの中で写真撮ったりして。

そんな感じでマザー牧場遊びも終り。
昼の12時くらいから、夕方の6時までしっかり遊びました。
6時間にしては、何だか旅行にでも来たくらいの満足感。
良かった良かった。
その後は、ひたすら湘南を目指します。
子供4人はすぐにお眠りになりました。
18時に出発したのに、横浜新道下りたとき19時でした。
おおっ、1時間で行けるのか。
その後は焼き鳥気分だったので、電話したら予約取れたので19時半には辻堂駅前でお疲れビールを飲んでました。
中々の良い休みでねえか?
そこから確実に飲み過ぎてしまいまして。
ビールはもう飲めないブーで、レモンサワー飲んでたり。
てか、食べ過ぎ。
バーカ。
焼き鳥屋で15パイントフィニッシュ。
やり過ぎだな。

しっかり遊んで、しっかり食べて飲んだお休みでした。
娘達よ、アリガトウ。
いつまでこうやって遊んでくれるのかな?
いろいろと楽しみもあるけど、寂しいこともいづれ経験するのかな?
今を精一杯生きようと思う。
そんな後ろ姿(?)を見せて育てていくしかなさそうだな。
うんうん、うんこ。
終わり。

さて、仕事でもするかな。
今日もいろいろ頑張ろう。
日曜日は意味不明に料理やり過ぎたみたい。
楽しかったから良し。
楽しく仕事してて、それで生活出来てるのだから、感謝しないといけないと思う。
本気出します。
以上。

てか、どうしたら文章を上手に省略出来るのだろうか?
全部書いてしまう、愚かな俺様。
誰か文章の書き方を俺様に教えろ。
アホ(お前がアホじゃ)。


ビール。
本日開栓は3樽。
「志賀高原」DPA、IPA
「箕面」セッションペールエール(新作、4%)

デーペーエー(訛ってないんだ)。
苦いぞIPA。
ユルイをセッション。

セッションペールエールっての気になってます。
飲んでみます。
ごっ、ごめん。


12月3日(火)のビール
「志賀高原ビール」
DPA(トリアエズ)
IPA(6%)
インディアンサマーセゾン(7%)
美山ブロンド(6,5%)
ポーター

「箕面ビール」 セッションペールエール(新作だに)
「スワンレイク」 IPA(限定)
「ノースアイランド」 ブラウンエール
「アウトサイダー」 ビターラガー
「南信州ビール」 ゴールデンエール
「ベアレン醸造所」 冬のヴァイツェン(1樽限定)
posted by クラフトビアバー at 12:26| 日記 | 更新情報をチェックする