2014年02月27日

大雪対策訓練

昨日までの3日間、私は雪国にいました。
こないだの関東圏の大雪被害。
慣れていないからの被害もあったように思います。
私としましても、駅から30分以上、大雪の中歩く事になり、自宅近くなどは完全なる新雪で足がズボズボとはまり、転んで気絶でもしたら誰にも気付かれずに人生を終えるかもと不安になったりとか。
地震の訓練も必要、大雪の訓練も必要。

という事で、大雪の苦労を忘れないうちに出掛けたのでした。
大雪ならばやはり北海道とか東北か?
いや、さすがに遠いな。
で、やはり志賀高原へ。
ここなら、宇宙一志賀高原ビールを飲む訓練も出来るしね。
ふふふっ。

旅行記開始。
今回はサクッと手短にね。

初日。
深夜2:30出発。
圏央道順調。
中央道八王子からの、八王子JCT、圏央道経由にて関越道。
280馬力、グイグイ進みます。
このままだと余裕の早朝到着だに。
とか思ってたら碓氷軽井沢辺りから雪による片道1車線50キロ規制。
仕方ない事だが、かなりのタイムロス。
てか、大雪当日とか大変な事になっていたであろう残骸など。
路肩及び、規制されてる車線に置かれた雪の多さにビビりながら、凍結にも脅えながらのゆっくり運転。
その後、2車線になったり、車線規制が掛かったりの繰り返し。
いつもの信州中野インター降りたの7時半とか?

いつものセブンイレブンに寄っての朝食購入。
そこからはグングン、山を上ります。
280馬力、余裕の走行ではあるのですが、凍結などの不安もあり、まあのんびりと。
シャレー志賀前駐車場、8:10着、なう。
途中のSAで30分休憩したから、まあ5時間くらいか。
圏央道が全通(茅ヶ崎海岸から八王子まで?)すれば、4時間ほどで最高の雪の志賀高原まで行けるはずだに。
冬だけでなく、春も夏も秋も素晴らしい志賀高原、渋温泉エリア。
まだ見てないけど、温泉に入る猿(雪猿、これこそスノーモンキー)も見に行ける。
素晴らしい事だ。
早く道路工事を進めたまえ(何で偉そうやねんお前)。

まずチェックイン。
荷物を運んで、運転疲れと、子供の車乗り疲れを癒します。
何故か(?)、志賀高原に来ると一の瀬のシャレー志賀に泊まります。
何年も前に、突然来て、玉村の方に突然予約してもらって、突然宿泊したのが始まり(突然は1回でいいだろ)。
また今年も冬に戻ってきたなぁ、的な安心感と言いますか。
ちなみに渋温泉だと、今まで5軒くらい宿に泊まったけど、その後は基本的には「天川荘」。
ここも故郷のイメージ。

それはさておき、早速スキーに出かけます。
まずは彩音さんと美咲くんと私とでレンタルから。
子供はいつもの3点セット。
私は今回、上級者用のお高いセット、しかも板の交換何度でもプランにしてみた。
板の特徴を探るのが狙い。
まずはサロモンのやや短めのカービング。
1ヵ月半ぶりのスキー、勘が鈍っていないか(そもそも鈍るとか以前に下手なのだが)、試し滑り。
おおっ、良いぞ。
出来るオトコです。

娘さん達も、ボーゲンでグリグリ滑ってました。
トリアエズにしては多いかもだけど、一の瀬ダイアモンドゲレンデを5、6本。
急坂も、ボーゲン娘2人はガリガリ滑って行きます。
自分の子供の時もそうだったなぁなんて思い出したりして。
ふふふっ。

その後、宿から恵里さん一家(恵里さん、茜里さん、陽織さん)が出てきたので、茜里さんをオンブ紐にてオンブして、哲也くん一家(誰と誰や)4人はスキーツアーに出掛けました。
一の瀬ファミリーからの、高天ヶ原とか、ブナ平、西舘山、東館山などなど。
寺子屋にも行ったりと、ウロウロ。

一旦、レストランダイアモンドに戻り、みんなで昼食。
わたくし、DPAを2パイントほど。
その後、子供はキッズスペースで遊んでて、私はDPA飲みつつそれを眺めたり。
しかし、雪質最高です。
天気は、やや晴れ過ぎか(贅沢な悩みだが)。

午後の部スタート。
焼け額山に行っても良かったのだが、やはり逆側攻め。
結局、一の瀬ファミリーとか、オコジョの森、ブナ平などなど。
しつこく滑りました。
しかし、茜里さんをオンブしてのスキーって中々の負担です。
本人、目茶目茶笑ってて楽しそう。
前回も今回も攻め攻め滑りで(1人滑りと特に変わらず)、奇跡的に1度も転倒しなかったけど、1度転ぶと恐怖心が生まれるかも知れない。
さすがにコブは苦手なので行かなかったけど、それ以外の急斜面とかは茜里さんが居ても基本攻めた。
重いものを背負っての過負荷トレーニング?
3月に向けて?(行けないかもだが)

恵里さん、陽織さんとの雪遊びにも飽きて宿に戻るとの事でして。
なので、そのまま16時くらいまで滑りました。
そして、シャレーの前までそのまま滑っていきまして(本当は歩行者道なので、滑走禁止!)。
自分達で片付け出来ると言うので、茜里さんもお姉ちゃん2人に任せて、私は最後までしつこく滑るプレイ。
欲張りなオトコです。
スイマセン。

結局、ファミリーのクアッドリフトの最終の16時50分まで滑った。
15キロの重しが無くなっただけで、かなり身が軽くなりました(当たり前だけど)。
そうは言っても、朝からほぼ滑っていただけに、体はボロボロ手前。
宿の戻ります。
部屋で少し寛いでから、お風呂。
恵里さんヒオリンは女湯。
それ以外は男湯。
大きいお風呂ってのは、あ〜旅行に来た〜と思う瞬間であったりもして、好きです。
のんびり浸かるはずが、子供達が体洗って少ししたらバタバタと上がっていくので、私も何となく早めに出た。
恵里さんチームが遅いので、鍵を貰いに行ってもらい、部屋で待機。
少ししたら戻ってきたので、そこからのテッパルーム志賀高原。
そうです、本物の直営店です(2号店かな)。

今回の旅行、1泊目は夕食なし、2泊目は宿夕食にしてみた。
DPA無いと言うので、志賀ペー。
飲みます。
うみゃー。
料理、大量注文。
1人営業だったので(平日はそうなのかな?)、大変だとは思ったけど、腹ペコ一家だったもので。
それでも、良いペースで料理が来て、ついついビールも飲みすぎてしまいまして。
結構長い時間滞在していた気がします。
ビールはほぼ全種飲みました。
最後のハウスIPAのパイントで、かなりのダメージを負った事は自分でも覚えております。
最後の気力で支払いだけ済ませて、何故か2階の売店でボトルの志賀ペーを2本購入して、部屋に戻った瞬間、誰よりも先に寝ました。
恵里さん、娘達、ごっ、ごめん。

悪夢を見ました。
恵里さんが私の泥酔に激怒してる夢。
実は夢だとは知らずに寝る前の出来事だと思ってて、深夜に1度目覚めた時に、かなり焦ってて、まず起きたら恥も捨てて土下座からだなと思い、不安の中、二度寝した。
朝起きると、何だか機嫌の良い恵里さん。
恐る恐る前日の事を聞いてみた。
テッチャン、1番に寝てたよ、と。
えっ、続きは?

子供の歯磨きは全部してくれたらしく、子供も疲れてたからすぐに寝たよだってさ。
何だ、あの激怒の夢は、ただの夢だったのか。
良かった良かった。
もうスキー旅行なんて絶対に行かないからなんて事になったら鈴木家存続の危機です(大袈裟だなぁ)。

で、気分が良くなりまして、朝食時に志賀ペーを2本。
朝ビールも「あー旅行だにー」って感じ。
食堂から見るダイアモンドのゲレンデ、本日も最高のコンディションと思われます。
ほんの少しだけ雪が舞っております。
風情があって、良いのぅ。
朝食後、不安の取り払われた私は、朝風呂。
最高な気分になりました。
そして、今日は彩音さん、美咲さんのスキースクールの日。
しかもプライベートレッスンで、ツアーみたいな感じなので昼ご飯も教官と食べるので、朝9時半集合で、そのまま15時過ぎまでずっと預かりの教室。
やや高くつくけど、その間、私達にも(私にか?)自由な時間が生まれるし。
うんうん、大人買いだ(使い方違うかも)。

子供を見送りまして、私はまずは板の交換。
次は、アトミックのロッカースキーの昨年モデル。
ロッカースキーっての、初めて乗ります。
さて、どんなもんか。
滑ります。
アレっ?

いつもの滑り方だと、嫌な感じでエッジが効き過ぎるかも。
前日も散々滑ったダイアモンドの真ん中の斜面を何度か滑りました。
ダメだ。
板の癖に遊ばれている感じだ。
板に滑りを合わすのをとりあえず断念して、1時間半足らずで、更なる板交換プレイ。
次のは今年モデルのロッカーじゃないカービングスキー。
サロモンのやつで、レンタルショップの店員さんが絶賛してた物。
早速滑ります。

いいっす。
素晴らしいラインで攻めれます。
162センチなので、159センチの身長の私にはやや長いのかな?
がしかし、板もビンディングも軽い素材らしく、板の取り回しに長さを一切感じませんでした。
と言うか、1枚目154、2枚目152、だった記憶があるけど、1番扱いやすい板でした。

気に入ったので2日目はそのまま滑走。
茜里さんをオンブして、焼け額山を攻めました。
攻め攻め。
何度か転びかけるの巻。
がしかし、茜里さんはバランスを崩した事とか分からないので、ずっと笑っております。
可愛いです。
スイマセン。

その後、ファミリーとか、寺子屋とか。
嫁、4女をほったらかしで、好き放題してる、父親兼旦那。
激怒されてもおかしくないのねん。

結局、しつこく滑ってしまって13時とか。
最後の20分くらい、オンブされてるアカリン、寝てるし。

レストランに戻って、軽くDPA2杯。
茜里さん、キッズスペースでご機嫌で遊んでいたので、私は1人で滑りに行きました。
結局、焼け額の第2ゴンドラを2本と、第1ゴンドラを2本。
最後の最後に整地してないところのコブでボコボコにされて、大人しくなってレストランに戻りました。
すると、スクールから戻ってきたらしい彩音さん達もいて、軽く休憩。
外のキッズパークで少し遊んだりしてね。
ソリで滑ったり、タイアで滑ったり、スノーバイクみたいなので滑ったり。
巨大なかまくらの中に入ったり。
子供はいつまでも飽きることなく遊んでいます。
恵里さんも陽織さんを抱っこで滑ってた。
平和な家族みたい。
まさか父親が朝も昼も夜もビールばかり飲んでいるとは思えない光景。
そんなもんです。
仮面家族?

16時でキッズパークもレストランも終わりという事で、恵里さん一家は宿の戻るとの事。
来期、スキー購入予定の私は、まだまだ板のテスト滑走を行います。
ダイアモンドゲレンデのリフトの終了が16:30。
まだ時間はある。
という事、滑りまくりプレイ。
足腰、限界間近。
でも欲張りな私は滑るのです。
16:28に最後のリフトに乗って、そこから最速スピードにて滑って、後半は直滑降で宿前駐車場に上る坂を滑って上りきって、気持ちよく2日目滑り終了。

ブーツ脱いで、ウェアを脱いで、16:35。
おおっ、早いぞ。
夕食は18時。
よしっ、プライベートテッパルームだに。
持ち時間は25分。
計算上、急げばDPA×3。
スキーの余韻に浸りながら飲めばDPA×2。
結局、後者を選び、のんびり2パイントなど。
そしてジャスト17時に飲み干して、何事も無かったかのように部屋に戻る俺様。

恵里さん「そろそろテッパルームに子供を迎えに行かそうと思ってたのに」だとか。
ヤバイ、私の行動パターンが読まれております。
まあ、今年の8月で結婚10年なわけだし、まあいろいろ分かりますわな。

お風呂に入りまして。
宿の夕食を食べまして。
ボトルでも旨い志賀ビールを恵里さんと共に6,7本。
はいっ、飲みすぎ〜。

教官が撮ってくれたビデオを見せてくれるというので大広間に行きました。
そこで、前日に買って飲まずに寝た志賀ペーを2本飲みつつのビデオ鑑賞。
彩音さんも美咲さんも上手になりました。
ターンもしっかり出来てます。
二人とも、最近の子供としては足腰が強いとの事。
特に美咲さんは、今後どんどん上達しそうだとか。
楽しみですね。

ビデオ鑑賞の後は、子供が外にあったイルミネーションが見たいと言うので、好き放題させてもらっているので、子供の意見も今後どんどん取り入れていこうということで、寒い夜にウェアを着て見に行きました。
寒かったけど、綺麗でした。
子供も満足したみたいで。

さて部屋に戻るべ?
と思った時に、入り口すぐにあるテッパルームが目に付きました。
子供には「デザート食べに寄ろう」と誘いました。
笑顔で答える娘達。
チョロイな。

何故か唐揚げと野沢菜とDPAパイント。
子供はデザート。
何故かDPA2杯目。
気付けば3杯目。
記憶無し。

部屋に戻ったらしい。
外のトイレに行くと出掛けて戻らなかったらしい。
で、探しに来てくれたらしく、トイレのドアをドンドン叩いたけど、応答無しだったらしい。
出てこないから諦めて戻って寝たとか。
記憶無いけど、どこかで起きて部屋に戻って寝たらしい。
意味不明。
志賀高原ビール、飲みすぎると怖いことが判明。
あんなに美味しいのに、あんな事態に陥るだなんて。
ああ怖い怖い。

てか、飲みすぎとちゃうか、君。
なんでもそうだと思います。
以上。

3日目。
清々しい目覚め。
朝風呂なう。
最高な気分。
朝食も旨いし。
本日帰宅の関係上、朝ビールは1本縛り(でも飲むんかい!)。
勿論、志賀ペー。
旨い、朝なのに旨い。
朝だから旨い。

部屋に戻り、チェックアウトの準備(恵里さんが)。
私はいろいろとイメトレ。
板購入プランの事とか、帰り道の事とか。
今後のお店の展開とか。

で、チャックアウト。
いつも素晴らしい時間をアリガトウ。
良い情報も入手出来たりもした。
ぷぷぷっ。

車に荷物を積み込み、その後は滑りに行くのでした。
まずはダイアモンドで足慣らし。
その後、茜里さんをオンブして焼け額山をクロール。
結構滑りました。
気付けば12時とか。
レストランに戻って、子供のスキーは終わり。
後はレストラン内のキッズスペースとか、外のキッズパークで遊ぶらしい。
私は13時返却のレンタルなのに、12時に最後の板の交換。
同じくサロモンのロッカースキー。
やや短めの152だか154だか。
滑ります。
やはり何かがしっくりこない。
ほとんど体勢を傾けずに、軽くターンをしてみた。
スルっと曲がった。
なるほど、そういう滑り方をすればいいのか。
でも、何だか、昔からスキーをしていた人間的には(と言うか個人的に)、どうもすっきりしない気持ち。

正直、ロッカースキーなるものを買う気満々でおりました。
まだ、今シーズン1回か2回は行きたいなと思っているので、最終決断はその時で良いと思っているけど、普通の(?)カービングにする可能性も出てきている。
まあ、どうでもいいことだな。

と言うか、ビール屋の日記としては、簡単に書くとか言いながらかれこれ1時間くらい真剣な顔で書いてる内容のほぼ全部がビール屋としては関係が無いと思われます。
辛うじて、「志賀高原及び志賀高原ビールが好き」という事くらいか。
それでも充分?

13時までしっかり滑って、レンタル返却して、私も子供もお着替えして。
帰宅の途についたのでした。
勿論、玉村本店様にご挨拶&ボトル購入してね。
バキバキ仕込みの途中でした。
いつものメンバーの顔も見れて、やっぱり私の故郷はココだなと思ったり(勝手にね)。
お客さんへのお土産(?)も買ってきたなり。
食べ物じゃないけど(怪しいなぁ)。

帰り道、山之内の道の駅にて、蕎麦とか饂飩を食べて。
JAの直売所で、リンゴとか、キノコとか買ったり。
たかやしろワインを買ってみたり(自家栽培シャルドネ100%白と、スパークリングと)。

上信越をひたすら走り。
関越道もぶっちぎり。
長野でのんびりしてしまって信州中野が16時半前通過。
なのに、辻堂に20時過ぎ。
早いのねん。

で、いつもスキー旅行の〆に行く、いつもの焼肉屋にて打ち上げ。
そこでも飲みすぎてしまい、帰宅後、荷物降ろすのだけ気合でしてから、リビングで気絶。
そろそろ、現実として、嫁激怒だな。
気をつけようと思う。

手短に書くつもりの旅行記、またしても長くなってしまいました。
改めてお詫び申し上げます(どこで詫びてたのだ?)。

そろそろ「志賀マニア」の称号をアノ人から奪えそうな気がしている。
まあ、歴で言うと当然敵わないのだが。
ふふふっ。


ようやくビール話。
本日開栓は7樽。
「志賀高原」DPA、IML、ハウスIPA、ポーター
「箕面」ゆずホ和イト(限定)
「アウトサイダー」ペールエール
「南信州」ゴールデンエール

とりあえずこんなイメージ(なんやイメージって)。

ハウスの新バッチ、かなり良い模様。
飲むべし。

そして外せないのはDPA。
飲んだ瞬間、私の場合はインプットされた雪の景色がよみがえってきます。
ああ、雪山よ、志賀高原よ。
また近々?

さてと、仕事行くべよ。
休んだ分も、頑張ろうと思う。
終わり。


2月27日(木)のビール
「志賀高原ビール」
DPA(あんなに飲んだのにまだ飲みたくなる版)
インディアミヤマラガー(IML、6%)
ペールエール
IPA(6%)
ポーター
ハウスIPA(最新版、8%)

「箕面ビール」 ゆずホ和イト(限定)
「ノースアイランド」 ブラウンエール
「アウトサイダー」 ペールエール
「南信州ビール」 ゴールデンエール
「ベアレン醸造所」 ビター(1樽限定)

2月の周年感謝モルト500円月間はまだまだ継続なりよ。
この機会に挑戦するも良し、普段は余り飲まないジャンルを攻めるも良し。
飲み放題プランで心ゆくまで飲むも良し。
全てはお客さんの自由です。
セクハラ、暴力以外の禁止事項はありません。
ヨロピコお願いします。
posted by クラフトビアバー at 12:59| 日記 | 更新情報をチェックする