2015年03月13日

スキー合宿終了

長い長い休みが終わりました。
3泊もしたので実際に長いのですが、感覚的には1週間くらい泊まってた気分。
雪山と言う、ある意味閉鎖的(?)なところに何日か滞在するのって、とてもワクワクする事なのです。
個人的にはだけど。

3月なのに、雪が降り降りでした。
そして寒い。
初日こそ雪降りではあったけど風もそこまで無く、そこそこのコンディション。
たくさん滑りました。
今回はおじいちゃんも一緒の旅行。
子供たちも嬉しそう。

スキースクールは直前ってのもあり取れず。
私が教える事になりました。
まずはアカリンだな。
茜里ちゃんが安定して滑れるようになれば、どこのゲレンデにも行けるのです。
奥志賀だって行っちゃうぞ。
という事で、一生懸命教えます。
がしかし、どう教えて良いのか分からず。
昔に教わった事を思い出せてるとも思えないけど、何となく重心移動だったり、前傾姿勢だったり。
小さくて気の弱いと思ってたアカリンが一番攻めのスキーかも知れない。
弱い筋力でのボーゲンでガリガリ滑ります。
父、カンゲキ。
可愛いです。

あっという間にターンも習得。
彩音さんも美咲どんも滑りは安定してるけど、次のステップに中々いけない。
それこそスクールに入れてシュテムターンからのパラレルに移行せねばならん。
これはプロに任せようと思う。
さすがに来年か・・・・・。

1日目、目一杯滑って終了。
我慢出来ずの夕方からテッパでDPAなどを飲む。
1人だと寂しいという事で、アカリンと彩音さんを連れて。
地味に3杯くらい飲んだ。
運動後のビールは沁みます。
部屋に移動。
昼寝しそうになるが、お風呂に行く。
男風呂はアカリンとヒオリン。
父、娘を洗います。
育児も少しくらいはしてます。
スイマセン。

夕食は賑やかです。
スキー旅行にいつもついてきてくれてありがとうの乾杯。
たくさん飲みました。
部屋ビールも買ってしまって、部屋に戻って飲んでる途中で気絶。
無念。

2日目。
朝から吹雪いております。
ガスっております。
春の雪山を舐めてました。
そういえば、昨年のSMBLの時も吹雪だったな(私が行く前日)。
朝食から私は志賀高原ビールを飲むのです。
朝ビール最高。
朝風呂も入ったし。
部屋に帰り早速スキーの準備。
まるで合宿です。
子供もブーブー言わずにスキーモード?
外、寒いです。
視界、悪いです。
滑ります。
ダイアモンドを数本。
子供がスキー場スタンプラリーみたいなのやりたいって言って、そのパンフレットみたいなのをポケットに持って来てました。
数箇所スタンプ押せるところがあって、行けそうな場所で4つ集まりそうでした。
視界悪いなか、寺子屋を目指してみた。
欲張ってしまった自分の判断を大反省。
寺子屋、ほぼホワイトアウト。
全然見えません。
陽織さんをオンブして滑るには限りなく過酷な状況。
みんなとはぐれないようにゆっくりゆっくり滑ります。
どんどん積もる雪に脚を取られそうになりつつ、慣れないボーゲンで滑ります。
茜里さんは脚がついてこないらしく転倒をしてた。
子供全員、寒さで半泣き。
3女さん、泣いちゃうギリギリラインにいるのが分かった。
昼ご飯は高天ヶ原ホテルで旨いピザを食べるのが理想でした。
そこでまたしても、欲張りな私の判断ミス。
視界悪いなか、やや斜度の急な高天ヶ原に向かってしまいました。
脚がガクガクな鈴木家一家。
彩音さんも美咲どんも凍えて半泣きで滑ってました。
茜里さんはついに泣いてしまいました。
泣いてるのもあり、思うように滑れません。
虐待してる気持ちになり、大人しく一の瀬ファミリーの天狗コース(初級)で下山してれば良かったなと思うも、滑らないことにはどこにも辿り着けず。
頑張って滑りました。
茜里さんの鳴き声を聞いたからなのか、陽織さんも大泣き。
何とか高天ヶ原の下まで到着。
ホテルのレストランに入ります。
落ち着いた空間。
泣きじゃくる陽織さんをジュースで釣ります。
許ちて。

泣きながらトイレに行ったはずの茜里さんが恵里さんとおじいちゃんとニコニコで戻ってきました。
喉元過ぎれば・・・・・みたいなのかな?
とにかく、すまん。
ピザをとりあえず2枚注文。
野沢菜を何となく2皿注文したら、凄い量のが2つ来た。
油断してた。
ここの樽生はDPAでなくペールエール。
パイント500円という奇跡。
飲んだった。
3Pで勘弁しといたったけど。
ピザ旨いので、もう1枚追加。
先ほどの過酷なプレイの事など無かったかのような優雅な時間。
ガスってるの強いのが治まらなければバスでの移動も選択肢に入れつつ空を眺めます。
満腹完成して、そろそろ行くかなって頃、吹雪も落ち着いてきた。
なので、スキー開始。
雪は良いです。
視界も少し改善して、アカリンもご機嫌スキーも再開。
ホント、上手になりました。
もちろん、上の2人も上手だし滑ってるの見てて感激するんだけど、すぐに止めるとか言うと思ってたアカリンが誰よりも練習したいと自分で言って、私と2人でリフトに乗って滑ったり。
堪りませんな。

高天ヶ原の短い方のリフトに乗って、ゲレンデを横切って、さらにタンネの森のリフトを乗って横に滑って無事に一の瀬ファミリーまで戻って来れました。
一時は、本当に誰かはぐれたら遭難だと緊張したけど、何事も無くて良かった。
自分1人なら崖に落ちたり、怪我とかさえしなければ何とでもなるけど、小さい子供がいるのに無茶をしたことを反省。
そして雪山は、自然は凄いという事を再確認。
バックカントリーしてて遭難する人も、何とかなるだろうと思って行ってるわけで、ただ無謀な行動だとも言えないかな?

一の瀬ダイアモンドに戻って、子供はレストラン内のキッズスペースで遊んでた。
私は練習。
アカリンと練習したのは、いつだったか?
3泊もすると何日目だったか忘れてしまいます。

結局16時くらいまでゲレンデにいて、宿に移動。
お風呂に入って、夕食で大宴会(?)。
ボトルではあるけど、志賀ビールを大量に飲みました。
ヘロヘロです。
寒かったし、脚も踏ん張ったので疲れました。
染み渡るビール。
ヘロヘロになりました。
部屋に移動。
少ししてからテッパルームに移動。
デザートを食べるという約束をしてました。
そこでもたくさん飲んでしまう愚かな私。
おこみんという最高に可愛い志賀高原のゆるキャラがいるのですが、そやつの被っているどんぐりの帽子を恵里さんがテッパ女性店長に制作してました。
ちなみに、私用と子供用のが1つずつ前からありました。
さすがにテッパに被っていってなかったのですが、折角だし揃って写真撮ろうって話になったので、恵里さんに取りに行ってもらって、3匹の偽おこみんでパシャリ。
そこからご機嫌で飲みすぎて、いろいろ終了。
部屋に戻り、気絶。
毎日、気絶?
やばいでしかし。

3日目。
やはり雪が降ってます。
風は前日よりはマシか?
朝食でやっぱり私はビールを飲みます。
3本で勘弁してやった
朝からアホか。
部屋に戻り、合宿開始。
3日目はどこ行ったんだっけ?
ダイアモンドを数本滑った後、天気もいけそうだという事で(独断で)焼け額山に移動。
折角のリフト券、ゴンドラも乗らないと勿体無いよね?
リフトを2本乗り継いで、いざゴンドラへ。
グングン標高が上がっていきます。
グングン気温も下がっていきます。
下界(?)は軽くガスってるだけだったけど、やはりというか山頂付近はそこそこガス。
とにかく寒い。
またしても滑ってる途中でアカリンは泣いてしまいました。
泣きながら滑って、すぐに転んで。
それでも立っては滑って転んで。
ついつい、そろそろ中級者コースいけるかなとか思ってしまうけど、よく考えたらやり始めて数回。
鬼教官よりも鬼か。
鬼父さん。
スキー合宿と言う名の虐待か。

欲張って奥志賀まで行こうと思ってたけど、いろいろ限界だったので焼け額の下のレストランで昼食。
地味に高い。
そうプリンスホテル系のレストラン。
大して美味しくないけど。
DPAのパイントが950円だとぉ〜。
何と言うことでしょう。
2パイントにしときました。
そこそこゆっくりしてから、一の瀬に戻ります。
彩音さん美咲どんはスキーを止めて、雪遊び。
茜里さんは、もう1回滑ると自分で言います。
楽しいのかな?
嬉しいな。

私はようやく(?)加重配分の絶妙なところが掴めてきたので、それを中心に練習。
何に向けて練習してるのか良く分からんけど。
この日は私だけ欲張ってリフト最終の16時30分まで滑ってました。
昼間の陽織さんのオンブにより、脚はガクガクで御座いましたが、最後の気力で滑りきりました。
お疲れ様。
お風呂入って、夕食。
それ以外に大してやる事ないところが志賀高原スキー場の好きなところ。
テッパルームがある事が、むしろ凄い事。
部屋に戻ってのんびりしてから、またしてもテッパに移動。
まだ飲む私。
どっちの修行やねん、ハゲ。
今回は恵里さんと私と茜里さん陽織さんの4人だったような。
陽織さんは眠ってしまったので、コタツスペースに寝かせてもらいました。
ピーピー言う子供が寝たので、優雅なマッタリタイム。
飲み過ぎました。
ヘロヘロにて部屋に戻り、子供を寝かす準備。
ある程度寝かす準備した後は、私だけ逃亡。
もう飲めないブー状態なのに、テッパ再訪。
1パイントしか頼んでないのに、中々減らないビール。
またしても欲張りの悪い癖が出たか。
部屋に戻り、気絶。
気絶3日目。
ちなみに3泊旅行。

日々飲んでいても、朝はシャキシャキで目覚めます。
しかも6時半くらいに目が覚めて、まだ寝てる家族を横目に朝風呂に入る日々。
理想のスキー合宿だと思うのは、私だけか。
ふふふっ。

4日目。
さすがに朝食では飲まず。
帰りの運転あるし、何より天気微妙だと滑らずに朝から帰宅するかもでした。
食堂から見るダイアモンドゲレンデはそこそこガス。
降雪はほぼなし。
ガス以外は良いコンディションの模様。
さて、どうしたものか。
朝食にビールが無いと手持ち無沙汰な私。
白ご飯を旅行中で初めて食べた。
朝ご飯っぽいな(いつもは何やねん)。

部屋に戻る。
スキーをするか決めかねてる私。
優柔不断。
連日の降雪で卵の形の雪の塊になってしまった愛車の捜索活動。
エンジンは掛かりました。
がしかし、車に乗り込むことも、近づくことも出来ません。
雪かきをします。
軽い雪なので、ビュンビュン飛んでいきます。
俺様を舐めるなよ。
あっという間に回りの雪も無くなりまして。
余裕だな。
さすがは軽い志賀の雪。
部屋に戻る。
スキーをする事に決めた。
後は、子供の判断。
彩音さん美咲どんはキッズパークで遊ぶんだとか。
おじいちゃんはレンタルも返したからスキーはしないと。
恵里さんも子供と遊んでいるんだとか。
そして、茜里さん「アカリンはスキーをするんだ」と。
ぷぷぷっ。
よしよし、お父さんがみっちり教えて差し上げよう。
教え甲斐があります。
何でもそうですが、やる気が無い人に(上の子を指すわけではない!)教えても結局は身に付かないのです。

何本滑った事だろうか。
最初は後傾姿勢で脚も踏ん張れてなかったアカリン。
前傾姿勢で膝で踏ん張ってみたいな事を何となく伝えて、良い体勢の時に褒めて褒めてしてたら、驚くほど安定した滑りになった。
10本近くリフト乗ったように思う。
最後の最後は、急な斜面もしっかりエッジを効かせつつ、ターンも安定して下りてた。
凄い事。
親バカでも何でも良いのね。
5歳と言っても、体の大きさは3〜4歳?
これからも楽しみです。
次回は彩音さんと美咲どんには、横滑りの快感を味わってもらおうと思っている。
ボーゲンだけでいろいろ連れ回されたら、それこそ修行になりかねない。
嫁に教えるのって、逆に難しいなぁ。
少々値は張るけど、某嫁と上の2人はスクールに入れて、私は陽織さんをオンブしながら、アカリンの教官になろうかな。
と、早くも次のスキーをイメトレ中。
そんなにスキーが好きだったっけな?
まあ、いいや。

12時半くらいまで私は滑って、子供はその間遊んでて。
そこからダッシュで片付けして。
13時に一の瀬出発。
羅臼庵という蕎麦屋で昼を食べて。
結構美味しかったり。
その後は志賀高原ビールを買いに玉村本店へ。
軽く6本と日本酒を買って。
ビアライブで忙しくて誰もいないんだろうなと思いつつも工場を覗く。
奥まで入ってないけど、人が見えない。
折角なのでと、新工場の外観でも見ようと思って行くと、中に専務が居て目があった。
軽く挨拶して帰えるつもりが、忙しい中、工場内を案内してくれた。
ドイツのエンジニアにいろいろ教わってる最中でした。
ビール作りのプロで、最高に美味しいビールを作ってくれているわけですが、最新設備というか、とにかく巨大な設備を前にすると、そういう意味では初心者って事になるのかな?
それくらい凄い設備でした。
味が変わるわけではないと思うけど、巨大タンク仕込みビールってのも楽しみですね。

専務にも会えて、ビアライブには行けないけど参加したくらいの気分にて玉村本店を後にしたのでした。
高速道路に乗る前のJAのお店にて、野菜大量買い。
毎回の事だけどね。
キノコとか袋にパンパン入ってて100円とか。
さすがです。
そして確実に旨い。

蕎麦も食べて、玉村本店でもゆっくりさせてもらい、直売所でもゆっくりしてしまって、信州中野インター通過は16時。
今までで1番遅い帰宅だな。
そこからは天気も良いのでご機嫌運転。
途中、私のトイレ&コーヒー休憩を挟んで、さらに湘南を目指します。
そしてまたしても失態。
横川SAでの休憩の時にガソリンを入れるか悩んだけど、まだあるし良いやと思ったのが失敗。
結局、圏央道に入って、ガソリン残量ほぼなし。
ガス欠の危機の最強版。
仕方なく相模愛川で下りた。
タイムロス。
満タン入れたら、実質残量4リットル弱。
ヤバカッタ。
そこからは相模愛川まで戻って、茅ヶ崎海岸。
海岸道路を走って、タイムロスしたのに20時前到着。
どうなってるねん。
順調に行けば信州中野インターから3時間半ほどで湘南まで帰えれるのか。
凄い事。
インターから雪山まで30分見といて。
自宅から最強雪山まで4時間。
おおっ、凄い。
2泊旅行満足圏に入るかも。
うむうむ、来シーズンに繋げます。
圏央道のお陰なんだけどね。
終わり。

帰宅後は、キノコ鍋とか。
キノコ焼きとか。
果物とか。
信州の豊かな食材で癒されましたとさ。

またしてもサクッと書くつもりがダラダラ書いてしまった。
もう仕事行かないといけないし。
頑張ります。
休んだ分も頑張ります。
たくさん飲んできたから、その成果を見せるような今までと同じ失態はしません。
ビアライブに行けないからと不貞腐れた営業はしません。
最初は凹んでたけど、今回のスキー旅行の満足度が高すぎて、心が安定しております。
なので、私は私で横浜で旨いビールを出そうと思います。
それだけです。
以上。


ビール。
今日の開栓状況は読めない。
何故ならこないだの日曜日の完売を覚えてないから。
休みボケとかこのこと。
冷蔵庫にはたくさん在庫があるので、やれるだけの開栓はしていきます。
本気出します。



3月13日(金)のビール
「志賀高原ビール」
DPA
IPA(6%)
ISS(7%)
アフリカペールエール
美山ブロンド(6,5%)
ペールエール

「箕面」 スタウト
「ノースアイランド」 ハスカップブロンド(限定)、ピルスナー
「ベアレン」 アルト
「南信州」 IPA(限定)
posted by クラフトビアバー at 12:46| 日記 | 更新情報をチェックする