2011年06月21日

子供優先?

昨日は微妙な16時とかから海老名にあるファンタジーキッズリゾートなどという子供にとっては夢のような場所に行って来た。
以前に恵里さんと行ったらしく、その時に超喜んでいたらしいので、雨模様だし子供に思いっきり遊んでもらおうと思って、頑張って行って来たのでした。
その行きの道中に恵里さんの運転の横でブログを書いていたという超IT系ビール男子。
私にもそんな時代が来たのです。
がしかし、携帯電話は一生持つ気ないけどね。

辻堂海老名間は思っていたよりもお近く、40分くらいで着いた。
ブログを適当に書き終え、本日の行動のイメトレをしていたらその施設に着いていた。
ちょうど子供が3人共、行きの車で寝てくれていたので、元気バリバリにて突撃という流れになりました。
普通は1時間いくらとか1日パスポートとからしいのですが、15時以降は(19時閉店)フリーで安くなるtらしく、恵里さんがそれにしたみたい。
しかし、楽しそうな遊具がたくさん並んでいました。
電動で動く車とか、フワフワのトランポリンみたいなのとか、フワフワの滑り台とか・・・・・。
ゲームセンターも無料、子供向けのメダルゲームも無料。
私は車ゲームもしてみた。
砂場もあったし、ボールプールとか、さらに着せ替え撮影場所みたいなのもあり、たくさん並んでいるコスプレ服を勝手に着て、プチスタジオみたいなところで勝手に撮影できたりとか。
地味に凄い施設です。
土日とかは混んでいるんだろうな。
さすがに月曜日の17時からは空いてました。
軽く遊んでから、海老名で夕食でもと思っていたのですが、結局子供が大興奮だったというのもあり、閉店の19時までいた。
最後の方はなぜか知らんけど、子供が汗だくになっていた。
ワニワニパニックをしたからなのかもしれません。
素晴らしい施設でした。
もしあそこにビールがあれば、最強の施設になるであろう。
ならば、休日の朝から閉店までのパスポートでとことん子供に付き合えるのにな。
残念だが、仕方あるまい。

クタクタになった後は夕食です。
さあ、飲むぞと思っていたのですが、海老名ではパッとするお店が見つからず。
辻堂までの帰り道になにかあれば寄ろうということになり、車を走らせるも田舎道ばかり。
結局、藤沢辺りになり地元で食べることになった。
それが20時前のこと。
その時間から茅ヶ崎のすし屋に行くのも難しいと考え、私がたまに深夜に行く超地元のキッチンバーに家族で行くことになった。
家族で行くのは初めてなのです。
野菜料理多いし、地味にピザとか旨いし、揚げ物とか、いろいろと美味しいお店なのです。
混雑していて他のお客さんに迷惑にならなければ、子供連れで行っても満足出来るお店だと思う。
昨日は、しっかり食べました。
気になる料理を全部頼んだ。
全部旨い。
子供も美味しさが分かるのが、大量に食べていた。
私はたくさん食べたというのもあり、ビールは4杯か5杯だけにしておいた。
満腹状態にて帰宅。
恵里さんと子供がさっとシャワーを浴びるというので、私はソファーにて休憩。
そのまま寝てたらしい。
結局、恵里さんに寝室まで連行されて私の休みは22時過ぎに終了したのでした。
平和といえば平和だった休みでした。

そんな休みもいいかもね。
そろそろ都会に飲みに行かないといけません。
このままではただの田舎モンになってしまう。
ドロンにし行くのですよ。
スーパー泥酔物語の始まりです。
終り。


ビール。
本日開栓は3樽。
「箕面」ダブルIPA(9%、リアルエール)
「富士桜」ヴァイツェン
「ノースアイランド」ピルスナー

ノースのピルスナーがとても飲みたい。
おぉピルスナー、お前は風だ!

火曜日は私の天下です。
ボコボコだ(誰がだに?)。

さあお仕事お仕事。
体調万全、プロになれる気がしています。
ぶへ〜。


21日(火)のビール
「箕面ビール」 ダブルIPA(9%、リアルエール)
「ベアードビール」 ライジングサンペールエール
「富士桜高原麦酒」 ヴァイツェン
「志賀高原ビール」 ハウスIPA(8%、危険なり)、ISS(7%、旨いなり)
「スワンレイクビール」 アンバーエール
「いわて蔵ビール」 IPA(リアルエール)
「ベアレン醸造所」 ピルスナー(樽生専用品)
「ハーヴェストムーン」 グレープフルーツエール(限定、再び参上)
「ノースアイランドビール」 ピルスナー
posted by クラフトビアバー at 13:10| 日記 | 更新情報をチェックする