2012年09月28日

定番の意味

昨日はしっかり仕事をしてから(休肝日だぜ!)、無事に帰宅。
ゴッドファーザーを見るのです。
定番すぎる定番マフィア映画。
何度も見たのに、ついつい借りてしまう事数回。
何故だろ?
楽しいから。
完成度が高いから。
そうか、それだけだに。
ちょっと時間長いんだけどね。
ふふふっ。

楽しく見させてもらいました。
今週は3本の映画を見たのです。
しかも全て同じ系の映画。
お陰様で物音でビクッとします。
スイマセン。

定番って凄いなと思った時、ビールのことも浮かんだのです。
定番ビール。
そういえば、どこのやつも美味しい。
だから定番なんだ。
当たり前なのかもしれないけど、その会社が定番にするってことは「自信がある」ということ。
美味しくて普通?
当然、そこに行きつくまで大変だったんだろうけど、その結果旨い旨い定番ビール。
今の時期、限定系季節ビール多めだけど、やっぱり定番ビールをしっかり売りたいのね。
それはお店始めたときからのテーマでもあります。
前へ進みます。
という事で、私の原点である志賀高原ペールエール開栓してみます。
本気です(何がだ?)。
終わり。

今から買出し部隊。
料理で攻める金曜日。
何かします。
本気出します。
肉だな。
頑張るマン。


ビール。
昨日は3樽開栓。
「志賀高原」ハウスIPA(最新バッチ、苦い8%)、DDS(スタウトだに)
「アウトサイダー」ハーベストエール(志賀高原生ホップ仕込み、希少限定)

ハウスIPAが美味しい件。
うっ、うまい。
以上。

DDSが黒い件。
くっ、くろい。

志賀高原生ホップ使用の甲府仕込みビール。
ペールエールみたいな感じかな?
美味しいです。
苦味系とも違うけど、何ともバランス良し。
飲むべし。

やばいでしかし。
突然ですが緊急告知コーナー!
すいません、勝手な勘違いでアウトサイダーの生ホップビールを志賀高原ホップと思っていました。
先ほど、作り手の方からメールがありまして。
新潟産の生ホップ2種を使ったとのこと。
スイマセンです。
志賀の方も「あれっ?」と思っていたかも。
気をつけます。
旨いことには変わりありません。
どうかお許しを!
緊急告知のコーナーでした。
終わり。


無くなったのは「志賀高原」美山ブロンド。
さよなら。

本日開栓は「志賀高原」ペールエール。

旨いはず。
飲むだに。


9月28日(金)のビール
「志賀高原ビール」
ペールエール
ハーベストセゾン(初仕込みビール)
ハウスIPA(新バッチ、8%)
ドメスティックドライスタウト(限定)
ノットソーマイルドエール(生ホップ仕込み)
IPA(生ホップ仕込み)

「箕面ビール」 ダブルIPA(泥酔するねん)
「スワンレイクビール」 ヴァイツェン
「ベアレン醸造所」 アルト
「ノースアイランドビール」 IPA(超苦味酒、7%)
「アウトサイダーブルーイング」 ハーベストエール(志賀高原生ホップ仕込み)
posted by クラフトビアバー at 12:04| 日記 | 更新情報をチェックする