2013年12月18日

初滑りプレイ

昨日までの2連休は志賀高原スキー場にいました。
影練習?
何てね、今年は雪がありそうだったので、年内に勢いで行ってしまったのだ。
ふふふっ。

日曜日の営業。
嬉しくも忙しく。
フラフラになりつつもお片付け。
間に合わないかも、と不安になりつつも休肝日にてフル稼働片付け。
お店にある皿が、ラーメン丼(イタリア人怒るで)以外、全部シンクの中にあるという緊急事態。
それが22時くらいの事。
厨房も大変な事になっとるし。
鬼の店主は本気出します。
洗う洗う洗う。
で、本当にギリギリにて終了。
軽く掃除して、トイレも掃除して、ゴミ出して、終電ダッシュ。
まっ、間に合ったブー。

大船まで仮眠。
しっかり辻堂下車。
完璧だに。

自宅に帰り、そこから旅行の準備。
子供達の分は先にやっておきたまえ、と命令していたはずなのに、某ダメ嫁は「そんなこと関係ねぇ」とか言ってた。
深夜1時過ぎ、これから出掛けるという旅行の準備をするダメ夫婦。
まあ、1泊なんだけどね。
お着替え、スキーウェア、ソリ、念のためにタイヤチェーンを車に放り込んで。
テツヤ君、シャワーを浴びて。
子供を車内に放り込んで(ちゃんと乗せたけど)。

いざ、出陣。
急いだはずなのに、出発予定時間(勝手に立ててた)の2時を大幅に過ぎて、3時前に出発。
目指すは当然(?)、志賀高原。
まだ、キッズパークも、スキー場のテッパルームもオープンしてないの知っていたけど、恵里さんの許可が出たから突然行くことになった。
ちゃんと、3日前くらいに宿の予約したけど(やれば出来る俺様)。

ノリノリで圏央道。
1度下道降りて、海老名から愛川。
そこから八王子まで走ってから中央道。
関越道が正しいのかも知れないけど、何だか落ち着くので最近は中央道を使っています。
ラーダーチェンジして(暴走族か)、恵里さん運転にてグイグイ進みます。
がしかし、恵里さんにも睡魔が。
なので、PAで家族全員寝てた。
1時間くらい寝てしまったけど、お陰で完全復活。
そこからは長野道に乗り、上信越道。
ブイブイ飛ばし、信州中野で下りる。
ここからは通勤ルートばりに慣れています。
途中、コンビニにて朝食など。
で、玉村本店に年末の(?)挨拶に。
さすがに朝の微妙な時間だったので、残念ながらS専務は居なかったけど、昔からのメンバーの方々と軽く雑談。
てか、本気仕込みの最中でした。
美味しそうな匂いが工場内に充満してました。
ちょうどホップ入れる前だったか(?)、釜の中を見せてもらった。
子供も覗かせてもらって、何だかビール工場の見学みたい(まさにそうか)。

その後、売店にて志賀ペーを4本だけ購入して、山を目指します。
新品のスタッドレスタイヤ君。
頑張っておくれよ。

道が激しく凍っております。
性能マニアの私は、広い道で急ブレーキをしてみた。
軽くABSが効いたけど、しっかり止まった。
おおっ、凄い。
とは思いつつ、慣れない雪道、しかも軽く吹雪、ゆっくりゆっくり走りました。
280馬力など無力な雪道。
無事に一の瀬スキー場に到着。
朝からチェックイン出来るらしかったので、シャレー志賀にイン。
手続きして、荷物を部屋に運んで、着替えて、出発。
私と彩音さんと美咲さん、レンタルスキー3点セット。
1シーズンに何回行けるか分からんし、特に子供のはすぐにサイズが変わるから、昔の時代みたいには買えませんね。
私にしても、メンテナンスとかするの大嫌いなので、当分はレンタル生活で良いかなと。
結構良い板とかで来るし、有料でグレードアップとかすれば今年モデルの上級者用にも変えれたはず。

ブーツ履いて、板を装着して、早速滑ります。
彩音さんは、今年(今シーズンが正しいか)1発目なのに、何となくボーゲンでどこかに行ってしまいました。
美咲くんは、ややぎこちない。
3月にスキースクールに入って滑ってたから1年は経ってないけど、さすがに感覚は鈍るよね。
ちなみに私は、思っていたよりも1発目から攻めれた。
さすが俺様。

リハビリなしで、そのまま3人でリフトで上まで行きます。
滑ります。
滑ります。
それが1番の感覚の取り戻しだと思うから。
まずは一の瀬ファミリーゲレンデの天狗コース(初心者用)。
美咲くん、何度かコケタけど、段々安定してきた。
彩音さん、驚きの安定感。
こないだのスケートといい、あの道路でやるインラインスケートでバランス感覚を習得しているのかも知れない。
とりあえず天狗コースを3回滑ったのかな?

恵里さん、アカリン、ヒオリンのいる、ダイアモンドゲレンデのレストランに向かいます。
茜里さん、レストラン内にあるキッズスペースで超ご機嫌で遊んでおりました。
外には雪が溢れているのに。
さてと、ビールだに。
まずは志賀ペーから。
残念ながら、本格シーズン前だからか、デーペーエー500円はありませんでした。
たぶん、まだだろうと思っていたので、ダメージは無かったけどね。
鶏唐揚げ食べつつ。
次は美山ブロンド。
ソーセージ食べつつ。
〆は志賀IPA。
激務からの運転、そして初滑り疲れからか、全身に染み渡る志賀高原ビール。
志賀高原で最高のスキー遊びをしつつ、旨い志賀高原ビールを飲む。
最高じゃねぇ?

そういえば、ゲレンデで前回行った時に、スクールで教えてくれた女性にばったり逢った。
彩音ちゃんと、美咲ちゃんと、名前も覚えてくれてた。
実は、旅行の前にそのスクールの事務局に電話して予約しようと思ったのだが、スクール自体は始まってるけど、ちょうど私の行く週が先生達の合宿に当たったらしく、スクールはやってなかった。
なので、私がずっと付きっ切りで滑る覚悟でした。
がしかし、翌日なら1人くらい教えれる人いるかもだから、連絡くださいとの事。
おおっ、これは、1人滑りプレイが出来るかも知れないぞ。
結論、翌日の午前中3時間教えてもらえることになった。
しかも、その女性の先生(彩音さんも美咲くんも1番好きなんだって)。

さて初滑りの初日。
実は、そこそこ吹雪いていたのだが、リフトの最後の最後までほとんど休む事なく滑りました。
茜里さん、こないだ乗った横手山のリフトが楽しかったらしく、今回の旅行でもスキーとは知らずしてか、「アカリ、リフトに乗るんだぁ」と何度も言っておりました。
なので、抱っこして乗ってみた。
そして、抱っこしてボーゲンで滑りおりてきた。
最初はスピードを少し出すと怖がって泣きそうになってたけど、途中から超笑顔で「きゃー、はやい、はやい、でしかし」と喜んでた。
ぷぷぷっ。
作戦成功だに。

その後、彩音さんと美咲さんも連れて、4人でリフトに乗りました。
みんな笑顔で、滑ります。
姉妹って良いなぁ。
今回の収獲は、やっぱり茜里さんが恐怖に脅えるかと思っていたスキーが、実は凄く楽しい遊びだった事。

16時半前まで滑って、宿に戻ります。
まずお風呂。
家族風呂が無いので、恵里さんは陽織さんをずっと見ててくれたので、お風呂はゆっくりしてもらおうと思い、上の3人を連れて男湯に行きました。
後で分かったことだけど、スキースクールのインストラクター合宿の人以外、普通の客は私達だけだったみたい。
シーズンはこれからって感じだし、たまたま今年は早くに積もったのもあるんだろうね。
てか、思いっきり平日だし。

所謂、温泉ではないけど、疲れが取れていくのが分かります。
たまには大きなお風呂に入らないといけませんね。

その後、夕食。
スキー宿の食事って感じではあるけど、ここのは結構美味しいと思う。
また、志賀ペー。
で、IPA。
で、美山。
一緒やん、ジブン。

部屋に戻り、スキーの話したり、テレビ見たり。
雪国の夜はのんびりです。
こういうの、好き。
玉村本店で買ってきた志賀ペーを3本飲んで、寝た。
おやちゅみ。

朝、清々しい目覚め。
窓から見えるダイアモンドゲレンデ。
最高のコンディションかと思われる。
凄いぞ。
朝食食べる。
何だか、旨い。
志賀ペーを飲む僕(また飲むん)。

子供のスクールの待ち合わせは宿1階のスキー置き場に8時50分。
少し時間があったので、志賀ペーのボトルを持って、お風呂に行きます(私1人でね)。
朝から、大きなお風呂、ただ1人、志賀ペーを、飲む。
ふふふっ。
至福の時。
ゆっくり飲むつもりが、いつもの癖で、すぐに無くなってしまった。
仕方ない、上がるべ。

子供のお着替えして、1階に下りて、子供を先生に預けて、少しマッタリ時間。
恵里さん、荷造りしてくれてた。
私も着替えて、チェックアウトを済ませて、荷物を車に運んで、そこからは自由時間。
私は早速、滑りに行きます。
さよなら。

数本、ダイアモンドを滑った。
最高の雪。
まだまだ圧雪の後が残るところをハイスピードで滑る私。
気持ち良過ぎて、うんちが漏れそうになったよん。

ファミリーゲレンデに移動。
まだ滑れないゲレンデも多く、その日は焼額山とか、高天ヶ原、ダイアモンド、ファミリー、と他数箇所のみ。
まあ、午前中だけだし、充分か?
結局、高天ヶ原には行かずに、ファミリーのパノラマコースを数本滑って、ダイアモンドに戻った。
レストランに行くとアカリンが、「リフトに乗りたい」と言うので、茜里さん連れて滑りに行きました。
ずっと抱っこ滑りは上腕二頭筋と腰にきます。
がしかし、茜里さんが超ご機嫌で、超笑っているので、私は何本も乗りました。
で、やや疲れたので、恵里さんに茜里さんを預けてから、1人滑り再開。
ドラゴンボールの悟空ばりに、重力が無くなった(茜里さんの重さが無くなったの意)ばりに、滑りがとっても楽になり、何だか上手になったような気もした。
スイスイ滑ってると、焼額山に行っていた彩音さんと美咲くんと先生が戻ってきた。
凄い笑顔を手を振ってた。
お互いに良いことだな。
うんうん(自己満足)。

昼の12時に戻ってきたので、とりあえずレストランに行ってのんびり。
ご飯食べても良かったんだけど、帰りの時間もあるし、レンタルが13時までだし。
という事で、ちょっとだけ休んでから、ファミリーのパノラマコースに子供3人連れて、お父さんは向かいます。
めっさ、イクメンやん。
最後の力を振り絞り、茜里さんを抱っこして滑ります。
さすがに所々で止まって、茜里さんを下ろして、筋肉を休めます。
少しだけ斜度のあるパノラマコースでしたが、美咲さんも何度か転んだけど、スムーズに滑ることが出来ました。
やっぱりスクールに入れて、プロに教えてもらうと全然違いますね。
さすがです。

13時ギリギリまで滑って、レストランに戻り、私はタイムアウトばりに最後に1本滑って、今シーズンの初滑りも終わり。
良く滑り、良く笑いました。
早く帰らないと湘南に到着するの遅くなるかもなのに、子供はソリで遊び出しました。
まあ、そんな機会もあまり無いしな。
と思い、私も真剣にソリをしました。
ちゃんと遊ぶと、ちゃんと子供も私を見てくれます。
当たり前の事なんだけど、普段は中々出来ていないなと、旅行とかに行くといつも思う。
帰ってくると、また戻ってしまう事、多いんだけどね。
とほほっ。

さすがに14時も過ぎたので、下山。
さよなら、一の瀬。
そして、また近々。

下山後、玉村本店に寄ります。
12本セットのビールを買います。
軽く挨拶にと思い、工場覗いたら、またしてもバリバリ仕込み中。
しかも、S専務が釜の前に立って、ホップとか投入してました。
めっさ暑そう。
ホップをたくさん使うビールを仕込んでた。
テッパルームの事とか、今後の新たなる試みとか、少しの時間ではあったけど、直接話せて良かったなり。
これからも志賀高原ビールをたくさん飲もう(売ろう?)と思う。
そう思えた、志賀高原スキー&玉村本店挨拶旅行でした。
終わり。

15時に湯田中を出て。
上信越の小布施で30分くらいご飯休憩して。
その後は、ほぼ走りっぱなしで8時前に湘南に到着。
やっぱり4時間半は掛かるのか。
圏央道が全通すれば4時間軽く切るな。
突然思い立って志賀高原にスキーに行けるぞ(大袈裟か)。

旅行の打ち上げは、いつもの焼肉屋にて。
小布施から直行で(談合坂で給油だけした)、子供もお腹空いたとか喉渇いたとか言ってたけど、何とかなりそうだったので、粘ってた甲斐もあり、モリモリ食べてジュースもゴクゴク飲んでた。
私としても、ビールが激しく美味しかった。
お肉もいつも以上に美味しかったです。
昼の1時までスキーしてたのに、夜の8時に地元で焼肉食べてるだなんて。

で、テツヤ君、運転頑張ったので、確実に打ち上げ過ぎて、久しぶりに完全泥酔。
帰宅後、誰よりも先に眠りにつきました。
おやちゅみ。

恵里さん、子供のお着替え&歯磨き(さすがにお風呂はパス)、そして今日に聞いたのだが、洗濯物を全部洗って干したんだってさ。
アリガトウ、そして、ごっ、ごめん。

本日、とっても元気で、とっても機嫌が良いけど、上腕二頭筋及び後背筋下部が筋肉痛であります。
ただ、重い樽も持てます。
なので、16時より営業再開致します。
突然の連休、スンマヘンでした。

さて、今日はそろそろ行くべ。
本日も勢い余って、いろいろやります。
人間だもの。

そういえば、先ほど幼稚園のクリスマス会&誕生日会を見てきた。
園庭でやってたのですが、12月の誕生日の8人(全園児の)の中に茜里さんもいて、先生から1人1人質問されてて、人見知りアカリン。
お名前は・・・・・、消えそうな声で「スジュキアカリデシュ」。
好きな食べ物は・・・・・、やや大きな声で「イチゴ」。
好きな人は・・・・・、消えそうな声で「OOO(同じ年少さんのお友達の名前)」。
その後、みんなでハッピーバースデイを歌って、サンタの歌で踊って、終わり。
良い目の保養になりました。
電車でパンチラ見るよりも興奮するな。
うんうん。

ツマラナイ話はこれまで。

ビール。
本日開栓は2樽。
「志賀高原」ペールエール(志賀ペー)
「スワンレイク」IPA(旨い限定)

私が今回の旅行で確実に1番多く飲んだのが、志賀ペー。
ホッとするのね。
スワンIPAも開栓してみます。
旨いです。
スイマセン。


12月18日(水)のビール
「志賀高原ビール」
DPA(初滑り記念)
アフリカペールエール(好きです)
インディアンサマーセゾン(7%)
W−IBA(濃厚黒IPA、9、3%)
ハウスIPA(苦味最強レベル、8%)
ペールエール(志賀ペーとお呼び!)

「箕面ビール」 ゴッドファーザー(ベルジャンスペシャルスタウト)
「スワンレイク」 IPA(限定)
「ノースアイランド」 M’s Lagar(スペシャルラガー)
「アウトサイダー」 ベルジャンダブル(希少、7%)
「南信州ビール」 アンバーエール
posted by クラフトビアバー at 12:49| 日記 | 更新情報をチェックする